« 城峯山と秩父御岳山 | トップページ | 酒田~直江津ツーリング 1日目 »

2018年11月26日 (月)

東海自然歩道と富士山マラソン

東海自然歩道と富士山マラソン
ランニング仲間7人で富士山マラソンに参加することになったが、前夜泊が必要になることから、前日は東海自然歩道の山梨県内で歩き残した浅間神社から山中湖近くの花の都公園までの約十キロを歩いてから皆に合流して夕食を共にすることにした。

最初は河口湖駅から浅間神社までは富士登山競争の際に何度も走っていて急坂という印象があったので、明日のレースへの影響も考えてバスに乗るつもりだったが、時間は十分にあったため、ゆっくり歩いていくことにした。ただ実際に歩いて見ると、思っていたほどの傾斜はなく、ランニングとウォーキングの時の傾斜の感じかたの違いがあることに気づいた。

富士登山競争の時の思い出にふけりながら坂を上がっていると、御師の家があって見学できるようになっているのに気付いた。御師とは江戸時代から明治時代にかけて各地からやってくる冨士講一行を先達して山頂まで案内するガイド兼宿泊所の主人のことである。狭い土地にたくさんの御師がいたため、間口が狭く奥行きの長い造りになっているとのことである。入場料百円を払うとガイドの人が各部屋を案内しながら30分ほどゆっくり説明してくれる。いつもだったら慌ただしい日程のため詳しい説明は遠慮を願うところだが、今日は時間にゆとりがあるためゆっくりと説明を聞く。

御師のある一帯は以前は火山灰の積もった荒地で居住には適していなかったため、山中湖から流れ出る桂川から用水を引いて居住を可能としたそうだが、東海自然歩道はその用水に沿って延びているので富士山を眺めて浅間神社に着いてから用水路沿いの道を進んでいく。途中で忍野八海に寄り道をする。子供が小さかった時に家族旅行をして以来であるが、当時と違って観光客は中国人ばかりになってしまい、池には投げ込まれた多数のコインが沈んでいた。

自然歩道に戻ってしばらく進むと前回の終着点の花の都公園に着いた。前回は暗くなりかけていたから誰もいなかったのかと思ったら、今回はまだ明るいのに誰もいない。考えてみれば花も咲いていないこの時期はシーズンオフなのだろう。そこから今晩の食事を皆と一緒にする居酒屋までは1キロほどの距離なのだが、気を抜いて歩いてきたのがいけなかったのか、足に少しだが痛みを感じるようになってしまい、明日のレースに影響がでなければよいが

夕食後は山中湖畔のホテルに移動して、しばらく
歓談してから翌日のレースに備えて眠りに着く。

Photo_2
翌朝も好天でホテルからは朝焼けの富士山が見事だ。簡単な朝食を、済ませてレース会場に向かう。そもそも今回のレースに参加する気になったのは、富士山マラソンの前身である河口湖マラソンは自分にとっては記念すべき初サブ4(フルマラソンを4時間以内で完走すること)達成の大会であり、その後足掛け8年間サブ4を連続していた自分にとっては輝かしい時代の始まりを告げる大会であり、当時は河口湖を2周するレースだったのが、河口湖と西湖の両方を周遊するレースに変わって、どのように変わったのかも知りたいということもあった。それとともに富士山登山競争や海外登山のための高所順応トレーニング、さらには冬富士登山でも親しんできた富士山がレース中に何度も見られるというのも魅力であった。

今回は最終グループからのスタートとなるので、第一関門の突破が大きな課題となる。スタート地点までの時間が15分かかるとすると、キロ6分で行かないと第一関門突破は難しいと覚悟していたが、10分以内でスタートできたのでペースダウンしても大丈夫だろうと油断してしまい、第一関門は制限時間3分前に辛うじて突破する。第二関門までは比較的フラットで関門時間もさほど厳しくないといりう記憶があったので、のんびりと構えてしまったが、関門直前の19キロ付近で足が痙攣してしまい、しばらく立ち止まってからゆっくりと歩き、その後にランニングに切り替えたため、第二関門突破も制限時間7分という際どいものであった。それからは西湖までの急登はほとんどのランナーは歩いており、自分も足の痙攣が再発しそうだったので、無理をせずペースダウンして走り続ける。

西湖を一周してさきほどの急登が急下降となるところでスピードアップしたのが響いたのか、31キロ地点でまたもや足が痙攣して完走に赤信号が灯った。そのため直後の関門は制限時間5分前の通過となったが、その後は痙攣も起きずにスピードアップできてなんとか時間内完走ができた。

以前のことを考えると情けなくなるタイムである。年を考えるとフルマラソンを完走するだけでも大したものだという見方もあるかもしれないが、自分としてはやはり情けないという気持ちの方が強い。果して復活できる可能性はあるのだろうか?


|

« 城峯山と秩父御岳山 | トップページ | 酒田~直江津ツーリング 1日目 »

走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海自然歩道と富士山マラソン:

« 城峯山と秩父御岳山 | トップページ | 酒田~直江津ツーリング 1日目 »