« 酒田~直江津ツーリング 1日目 | トップページ | 酒田~直江津ツーリング 最終日 »

2018年12月 2日 (日)

酒田~直江津ツーリング 2日目

今日の出発地の酒田へは始発に乗っても到着が10時半過ぎと遅いため、あまり距離は稼げないので、3日間の中日ということもあり半分休養というか、短い行程にならざるをえないため、以前に酒田~新潟で強風により代行バスに振替られて乗り損なった臨時快速きらきらうえつに乗って新潟に戻ることにした。ところが、低気圧による海岸線の強風のため、何度も停車して、酒田到着は1時間以上遅延し、私には関係ないが酒田以北は運休となって代行バスが用意されていた。私も何度か経験しているが、坂田駅での代行バスは
珍しいことではないようだ。

お蔭で帰りのきらきらうえつには乗れないことになったが、代替プランは未定のまま酒田からの南下ツーリングはスタートした。昨日ほどではないが、悪天のために行程は遅れがちで、当初きらきらうえつに乗車予定だった勝木駅には、酒田到着の遅延1時間を上回る2時間遅れの到着となった。新潟行きの普通電車ならば、最終までまだ何本かあるようだったので、新潟に戻って宿を求めるつもりで、もう一駅か二駅先を目指すことにした。

30分ほど登り終えて現在地を確認すると、にわかには信じられないことであったが、海岸線沿いに村上を目指すルートではなく、山越えで村上を目指すルートになってるではないが!海沿いならば、途中の適当なところで乗車して新潟に戻れるが、山越えとなると村上に着いた時に果して新潟行きの最終に間に合うかがわからないが、村上で宿を求めることもできるかもしれないので、腹をくくって山越えを続けることに決め、後戻りするという選択肢は思い浮かばなかった。一番の理由は今日中に村上まで到達してしまえば、最終日の行程が格段に楽になるからである。

かなりの登りとアップダウンが続いた後、村上目指しての長い下りが始まる所で事件が起きた。後輪がパンクしたのである。修理道具は持参してはいるものの、暗闇の中でのチューブ交換はやったことはないので、どうしたものかと思っていたところ前方になにやら明かりが見えるではないか。近寄ってみると、無人のゲームセンターであった。人家もない山の中にゲームセンターがあるのは驚きだったが、ドアで外気が遮断されていて零度近い吹曝しの中で作業できるのはありがたかった。おまけに自販機があって飲み物だけでなく、ソバやうどんまで食べられるという至れり尽くせりであった。

肝心のチューブ交換はひさしぶりのことで思い出しながらやったので1時間以上かかってしまい、村上に下りても最終に間に合わないことは確定的であった。それならば、ここで夜を明かそうかという考えも浮かんだが、こんな辺鄙な場所にもきわらず、入れ替り立ち替り人はやってくるし、部屋の中は明るいのはともかさひくとして音楽がうるさくて眠れたものではないので、やはり村上におりることにした。

村上に下りたのは零時近くで、土曜のこんな時間に数少ないホテルを訪ね回るのもいやだったので、35キロ先の新発田にあるネットカフェまでもう一頑張りすることにした。3時過ぎになんとかネットカフェについたが、今日1日の走行距離は150キロ近くに達し、連日行動の走行距離としては最長のものとなった。お陰で最終日の行程がかなり余裕のあるものとなった。

2018120311003700_2
最上川を渡る


2018120311000600_3
強風に荒れ狂う日本海

2018120310590500_2
山の中の無人ゲームセンター

|

« 酒田~直江津ツーリング 1日目 | トップページ | 酒田~直江津ツーリング 最終日 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒田~直江津ツーリング 2日目:

« 酒田~直江津ツーリング 1日目 | トップページ | 酒田~直江津ツーリング 最終日 »