« 比叡山 千日回峰 | トップページ | 琵琶湖一周 »

2019年3月28日 (木)

皆子山

朝は膳所から堅田までの14キロを自転車で移動し、堅田からバスに乗って皆子山の登山口に向かう。登山者が結構大勢乗っていたが、平で下車したのは私1人だった。ここからは最初に登る京都府最高峰の皆子山の外、時間があれば次に登るつもりの300名山でもある蓬莱山の登山口にもなっているのにもかかわらず誰も降りないということは、みなさんは、この奥にある武奈ヶ岳(蓬莱山と同じ比良山地の最高峰で200名山)をめざしているのだろうか?

歩き出してしばらくすると、前方から登山者が二人やってきて、「皆子山の登山口の沢は水量が多いので気を付けてください」と言われる。この時間に降りてきたのは、沢を渡れずに引き返してきたからなのだろう。足下の沢を覗いてみると、それほどの水量ではなく何故引き返してしまったんだろうと思ったが、現地を見てから判断することにした。現地に行ってみると、裸足になってズボンを膝までまくれば難なく渡れる水量だったので、向う岸に渡って登山を開始する。

事前にコースタイムを調べた時には山頂まで登り二時間となっていたので、飛ばせば往復三時間で往復でき、蓬莱山にも登れるだろうと踏んでいたのだが、この考え甘かったことにすぐに気がついた。と言うのは、コースは踏み跡のしっかりしたハイキングコースではなく、赤テープが要所々々にあることを除けば完全に沢歩きのコースで、飛ばして登下降できるようなコースではないのだ。

二時間ばかりで誰もいない頂上に着く。同じ道を下るとかなり時間がかかりそうだったので、北面コースならば道はしっかりしているのではと期待して北面コースを下ることにした。ところが、こちらも踏み跡はほとんどなく、さっさと降りてこられるコースでないことがわかった。それでも、蓬莱山に行くのを諦めたのだから、最終バスには楽勝かと思いきや、ラストを走ってギリギリ間に合う羽目となった。もし、間に合わないと、かなり歩いてバスに乗らなければならない所だったので助かった。

宿を予約してある近江舞子までは17キロ近くあるが、宿の近くにはお店はないようだったので、四キロほど手前のコンビニと飲食店のある所で自転車を停めたのだが、コンビニにはどういうわけか酒がなく、飲食店では予約でいっぱいだということで断られてしまい空振りであった。おかげで、一度宿にはいってから随分と遠いコンビニまで買い出しに行かされる羽目になってしまった。2019032323010400

|

« 比叡山 千日回峰 | トップページ | 琵琶湖一周 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 比叡山 千日回峰 | トップページ | 琵琶湖一周 »