« 三陸鉄道 | トップページ | 北丹沢耐久レース »

2019年6月24日 (月)

石巻復興マラソンと竜飛岬

昨夜は石巻の寿司屋で美味しい海鮮丼を食べたが酒は控えておいた。翌日のレースに備えてだが、記録は二の次になってしまった今はどうでもよいようにも思うが、昔の習慣はなかなか変わらないようである。どしゃ降りの中を明日の天気を案じながらホテルに向かい早めに床に着く

翌朝は打って変わった好天でマラソン日和である。レース会場の運動公園は駅から歩くと1時間近くかかるということで駅前からシャトルバスが出ているとのことだが、当初は会場までは自転車で行くつもりだった。というのは石巻から金華山方面に延びる牡鹿半島の先端を目指すツーリングを以前に二回トライしながら途中で引き返してきたので、今回は運動公園から先端を目指して直行することを計画していたからだ。ただ冷静に考えてみると、レース後に長距離のツーリングをする体力は今の自分にはないことを自覚したため、牡鹿半島行きは止めて大人しくシャトルバスに乗っていくことにした。

会場に着いてしばらくすると開会式が始まり、ゲストランナーとして「市民ランナーの女神?」谷川真理さんの外に年代別の世界記録を出している80台の女性ランナーも登場した。何でも、70歳から走り始めたそうだが、フルもハーフも自分の今の記録をかなり上回っているから恐れ入る。自分も頑張ればという気にもなったが、多分そのようにはなれないだろうという諦めの気持ちの方が強いようだ。
2019062419531600

ハーフレースの方は10キロまでは快調で、一昨年のレース復帰以降のベストタイムがでるかなと思わせたが、気温がどんどん上昇してきたためか急に足に疲れがたまってペースも落ち出す。15キロを通過した時点では、なんとかこのペースを維持して最後の2キロで頑張ろうと思ったか、何度も足が痙攣寸前まで行き、そのたびに歩きに変えざるをえなかった。最後の2キロになった時は勝負をかけるどころか歩いたり止まったりの状態となってしまった。前半の貯金が効いていたので、関門リタイアの心配はなかったが、ワースト記録を大幅に更新してのゴールとなった。暑いレースに弱いのは昔からだったが、こんなにもダメージが大きかったのは始めてである。

2019062419532800

レース後は牡鹿半島行きが中止になって時間に余裕ができたので、以前にボランティアに来たときにテントを張った石巻専修大学のグラウンドに向かうことにした。運動公園から少し外れた所に仮設住宅が立ち並んでいたが、人の気配は感じられなかったので、大半の人は仮設住宅から出ることが出来たのだろうか。そこからしばらく行くと、真新しい住宅がずらりと並んでいる。古い家屋は皆無だったので、おそらくこのあたりは津波で全滅したために、建て直された家ばかりなのだろう。
グランド近くまできたが、こちら側には石巻市街地につながる橋はないようなので、来た道を戻ってシャトルバスで渡った橋を通って石巻駅に戻る。ここで、これからの予定を検討する。最初の予定では、明日は仙台近郊の300名山を登るつもりだったが、明日は終日雨の予報だったので、予定を変更することにした。ただ休日倶楽部パスの利用範囲である関東甲信越は軒並み雨マークなので、どうしたものかと思ったら、青森県だけには晴れマークが出ているではないか。そこで、数年前に津軽半島の先端部を冬に歩いた時に、日数が足りなくなって竜飛岬からJR津軽線の終点付近まではバスを利用したことを思い出して、そのコースを自転車で往復することを決めて、急遽青森駅近くのホテルを予約して青森に向かった。

翌朝は始発で津軽線の終点の三厩に向かう。三厩から竜飛岬までは通常は海沿いの平坦な道を行くが、少し山側に竜泊ラインというアップダウンのある道もある。往復とも海岸添いの同じ道を行くのは芸がないので、行きは多少時間がかかるが、山側の道を行くことにする。この道は別名あじさいロードとも呼ばれているようだが、あじさいは所々には咲いているものの、道路名にするのは少々大袈裟という感は否めない。
2019062419545000

高台を行く道だけに展望は素晴らしく、予報どおりの好天下で青い海が素晴らしかった。また車の通行も希なため静かなツーリングが楽しめ、途中で猿の親子に遭遇することもできた。やがて十三湖方面からの道と合流すると、竜飛岬は目の前である。前回は立っていられないほどの強風だったが、今日は地元の人でもめったにないという穏やかな日でラッキーだった。灯台のある高台には前回登っているので今回は割愛し、前回は雪で立ち入り禁止となっていた階段国道を下りてみることにした。ここは全国で唯一、階段のある国道とのことだが、もちろん車のためには別の迂回路があるが、もっばら観光用として今も国道の名前を使っているのだろう。

2019062419544900

帰りは海沿いの平坦な道なので早めに三厩付近に着く。ただ津軽線は1日数本しか列車がないので、次の列車までの待ち時間がかなりあるうえ、駅周辺には飲食店もないため、飲食店を求めて先の駅まで行ってみることにした。先の道路沿いには飲食店は何軒かはあったが、いずれも営業時間外のようだったので、結局、コンビニで弁当を買って今別駅から乗車することになった。予定外の行動となったが、思いがけずに懸案を解決できてラッキーであった。

|

« 三陸鉄道 | トップページ | 北丹沢耐久レース »

走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三陸鉄道 | トップページ | 北丹沢耐久レース »