« 北丹沢耐久レース | トップページ | 大無間山 1日目 »

2019年7月30日 (火)

早川尾根縦走に向かったが

南アルプスの甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山を結ぶ早川尾根は日本アルプスの一般的な縦走路の中で唯一トレースしていないコースであった。大学2年の時に鳳凰三山を縦走したのが、日本アルプスの初縦走だったので、ちょうど50年の記念すべき年に縦走を完成したいと思ったが、ただ未踏部分だけをトレースするのではつまらないと、鳳凰三山の地蔵岳から甲斐駒ヶ岳までの20時間以上を要するロングコースを夜間登山も交えて丸1日で登ってしまおうという大胆な計画である。こコ沢経由で行く。最初はトレランモードだったが傾斜がきつくなってくると歩きになってしまう。それでも先行する登山者をごぼう抜きして、鳳凰小屋にはコースタイムを一時間あまり短縮して3時前に着く。小屋の人が「お疲れ様」と声をかけてくれるが、それには答えずに小屋の裏手に回り込む。と言うのは、こんな時間に上を目指して登り続ける人はまずいないので、小屋に泊まらないことがわかると何か言われかねないと思ったからである。

 

小屋から上は誰にも会わずに、地蔵岳のオベリスク(尖塔)を目指して歩きにくい砂地を黙々と登って行く。一時間ほどでオベリスクの前に広がる賽の河原と呼ばれる地蔵がたくさん並べられている所に着く。50年前に来たときは白砂青松とでも呼べるような景観に感激したものだが、今日は天候のせいか素晴らしさは今一つであった。

 

ここから先は早川尾根に入るが、風雨が次第に激しくなる。高嶺を越えて白鳳峠に下るが、ここまでは50年前に来ており、ここから先が未踏となる。風雨の中を前進する厳しさに備えるために、素肌には乾いているセーターを身に付け、その上には濡れているスポーツシャツ、乾いているウインドブレイカー、そして濡れている雨具の順に着て完璧な準備をしたつもりであった。ところが、その直後に土砂降りの雨が降り、一番下のセーターまで濡れてきた。そして次の広河原峠に向かうために、森林限界を越えた稜線に出ると強風が濡れた体を急激に冷やして低体温症による遭難の危険が頭をよぎるようになる。甲斐駒方面に向かうと、森林限界を越えた稜線歩きが多くなるし、エスケープルートが無くて戻るしかなくなる。ここで意を決して早川尾根縦走を断念して、次の広河原峠から広河原に下山することになり、早川尾根は白鳳峠から広河原峠まで一時間の歩き程度の距離を前進させるだけに終わった。

 

広河原に降り立つと上空は満点の星空となっていたが、これは下界に降りたためで稜線は相変わらず天気が悪いに違いないとその時は思っていた。その晩はタクシー乗り場のベンチでごろ寝したが、寒さでよく眠れなかった。翌日は雲ひとつない晴天で、帰りのバスからは白峰三山もくっきりと見られた。昨夜は早川尾根小屋まで足を延ばして待機すれば今日は予定どおり縦走できたかもしれない。ただそれは結果論であり、昨夜の撤退の判断は正しかったと思っている。

 

|

« 北丹沢耐久レース | トップページ | 大無間山 1日目 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北丹沢耐久レース | トップページ | 大無間山 1日目 »