« 大無間山 つづき | トップページ | 藤原湖レース~秋山郷 »

2019年8月18日 (日)

太刀岡山

今年前半に登り損ねた甲府北方の山梨100名山のうちの三山(太刀岡山、曲岳、黒富士)をアプローチは自転車を利用して一度で登ってしまう計画を立てた。寝坊してしまって家を出るのが7時近くになってしまい時間切れとなる恐れもあったが、とにかく出発することにした。

竜王駅のスタートは10時半で、ここから登山口までは15キロ程度あるが、地図で調べた限りでは急な坂も無いようなので、昼前には登山口に着くかなととらぬ狸の皮算用をしていた。ところが猛暑の影響をモロに受けて、たいした傾斜でもないのにあえぎあえぎとなり、最後の傾斜が増した所では自転車を降りて歩きに変わってしまう始末で、登山口に着いたのは1時を過ぎてしまった。ここで、三山を縦走するのは諦めて一番手前の太刀岡山だけを登ることにした。

太刀岡山の中腹にある垂直の岩場はフリークライミングの対象にもなっていて、だいぶ以前に一度登りに来たことがあるが、なかなか登りにくそうな岩場だったので、もう少し奥にある甲府幕岩に転進してしまって登らず仕舞いの岩場となってしまった。登山道を登り出してしばらくすると登山道は岩場の下を横切っていくが、クライマーが3人休んでいたので、自分も立ち止まってルートを観察した。それで何故登らずに転進してしまった理由がわかった。通常は簡単なルートでアップしてから難しいルートに挑むのだが、太刀岡の岩場はどのルートも全力投球を要するものばかりで、しかも最初の支点までが遠くてグランドフォール(支点による支えがないので墜落すると地面に直接叩きつけられる)のリスクがあるからだ。
2019081820054202

岩場を過ぎて頂上を目指すが、猛暑の中で自転車を漕いだダメージが抜けなくて数百メートルの登りにも難渋するほどだった。地図上の頂上の手前のピークに山梨百名山の標識があったが、時間が遅かったせいか暑さのためか他の登山者はいなかった。その先の最高点には標識はなく、そこから先は一気に高度を落としていく。やがて、当初の予定だった黒富士方面の縦走路と別れて左の道を下ると林道となって1時間ほどで登山口に戻ることができた。
2019081820054201

登りで苦しんだ道も下りとなると楽チンだ。快調なペースで進めたので、甲府始発の快速に間に合うかなと思ったのだが、その直後にどしゃ降りの夕立に見舞われてブレーキの利きが甘くなってきたので、スピードを落として安全運転で行ったために快速には間に合わないことが確実になった。そこで雨中走行も煩わしかったので、甲府の手前の竜王駅から乗車したところ接続が悪く、乗り損なった快速よりも2時間遅れの帰宅となってしまった。

|

« 大無間山 つづき | トップページ | 藤原湖レース~秋山郷 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大無間山 つづき | トップページ | 藤原湖レース~秋山郷 »