« 早川尾根縦走に向かったが | トップページ | 大無間山 つづき »

2019年8月 9日 (金)

大無間山 1日目

2019080920430800

南アルプスはほとんど登りつくしてしまったので、200名山でありながら主稜線から離れているため、ほとんど登られない不遇の山を目指して昨年は池口岳を登ったが、今年は大無間山を登ることにする。登山口の田代は静岡から畑薙ダム行きのバスで通過するが停車してくれない。このバスは夏期限定の登山バスだが、登山者が希な大無間岳の登山口である田代は停車対象となっていない。まあ交渉すれば停車してくれるのかもしれないが、畑薙ダムから大井川鉄道の井川駅までは歩いておきたかったので(その理由は説明すると長くなるので省略)、畑薙ダムから田代まで約15キロを三時間半ほどかけて歩く。もちろんこんな酔狂をするのは私だけで、他の乗客は主脈の三千メートル峰を目指して、私とは反対方向に登っていく。途中で親切なドライバーに乗車をすすめられたが、丁重に断って歩きつづける。登山口の手前あたりで激しい雨に会い、トイレ前の屋根のあるベンチでしばらく雨宿りする。

雨も小降りになってきたので、大無間山への登山道を登りだす。雨が降り続くようならばライトをつけて小屋まで頑張るつもりだったが、雨も止み青空まで出てきたので、無理して小屋まで行くまでもないやと、ちょっとした平坦地を見つけてテントを張ることにした。当初の予定の小屋ははるか上だが、明日は軽装で早出すれば遅れは取り戻せるだろう。

|

« 早川尾根縦走に向かったが | トップページ | 大無間山 つづき »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早川尾根縦走に向かったが | トップページ | 大無間山 つづき »