« カッパドキア | トップページ | イスタンブールからアンマンへの移動 »

2019年12月31日 (火)

パムッカレ

201912302225390020191230222638002019123022270000

九時間ほどの夜間走行でエーゲ海ともさほど遠くないパムッカレに到着。ツアーが始まるまでの間はdayroomで休養することになっていたが、宿の人の「気球に乗りたい人」という声に家内以外の全員が手を挙げて、急遽予定外の気球ツアーにも参加することとなった(家内は新婚旅行の際のナスカ地上絵のフライトで酔ってしまったことがトラウマになっているようで不参加)。ところがしはらくして雨が降り始めたため朝の気球ツアーは昼に延期となってしまい、ツアー開始まで部屋で待機する。

 

午前中のツアーは世界遺産となっているローマ時代の遺跡(円形劇場等)と石灰岩の棚田であるが、後者については天気のせいもあるのか思っていたほど青くならず、ネットにあった「九寨溝の方がきれいだ」というのももっともだと思われ(九寨溝に行ったことはないが)、世界遺産の安売りの感がなきにしもあらずであった。昼近くになっても雨は降りやまず、またもや気球ツアーは中止となった。ある程度予期していたこととは、ちょっぴり残念であった。

 

午後はショッピングと数ヶ所の名所を回ったが、参加者もガイドもなげやりな感じで時間を消化しているだけのようであった。夕方になって現地のツアーオフィスに戻り、中止になった気球ツアーの料金の返還を受けてから最寄りの飛行場に行きイスタンブールに向けてのフライトが飛び立った。イスタンブール空港では、ツアー初日に一緒だった日本人10人のうち、先行してパムッカレからイズミールに行った人も含めて4組8人が合流するというサプライズがあったが、再会も束の間で各組のホテルに向けての送迎車にそれぞれ乗り込んだ。こうして第一番目のトルコの旅は終わりを迎えたが、我々の旅はまだまだ続く。

|

« カッパドキア | トップページ | イスタンブールからアンマンへの移動 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カッパドキア | トップページ | イスタンブールからアンマンへの移動 »