« 帰国 | トップページ | 中国地方西部旅行 一日目 はるばる広島へ »

2020年2月24日 (月)

秩父七峰北部

20200224005414002020022400541301202002240054120120200224005413002020022400541200

前回は外秩父七峰のうち南部の四つだけを縦走したので、残りの三山の完登を目指す。
11時半に小川町で下車して七峰の最初の山の官ノ倉山に向かう。駅前からジョギングで進んでいくと、七峰ハイキングの立札が要所々々に現れるので、地図を見ないでも進んでいく。ところが、そのうちに立札がピタリと現れなくなる。立札がないということは、道をそのまま進んで行けということなのだろうが、随分遠回りをするような気がしたし、スマホの地図では左折して沢通しに行けば最短距離で行けそうだったので、立札は無視して沢通しに進む。途中までは明瞭な道があったのだが途中から判然としなくなり、かすかな踏み跡を辿って急斜面を登っていく。所々に古い赤布が見られるので、道を踏み外したわけではなさそうだが、落ち葉で滑りやすい斜面をしばらく登ると立派な登山道に出くわした。ようやくハイキングコースと合流したわけだが、近道を選択したつもりが本島に近道になっていたかどうかは定かではない。

 

官ノ倉山は目と鼻の先であった。ポピュラーな山らしく3パーティーが頂上で休んでいた。頂上からは北側には寄居方面の大展望が広がり、南側には先日登った七峰南部の峰々が望まれる。時間の余裕がなかったので、遅い昼食を終えると早々に出発する。東武竹沢駅への下山口までは、何人かのハイカーとすれ違ったし、ハイキングコースの標識もそこそこあったのだが、そこから先は誰とも会わなくなったし、ハイキングコースの標識もなくなったので、果たして自分がハイキングコース上にいるのかどうかがわからないまま(現在位置はGPSと地図で確認済みであるが)、尾根の西端の臼土山に来てしまった。なかなか登りがいのあるピークであるにもかかわらず、七峰に入ってないのは、七峰のハイキングコースは違う尾根を通っているからだろうか?

 

そこからは一度下の谷間まで降りてから次のピークに向かう。本当は前回最初に登った笠山の登山口まで行き、その次に最後に降りた林道まで行って、そこから登り出すと道が繋がることになるのだが、時間が迫っているので直接七峰六番目の皇令山を目指すことにする。ある程度登ってから地図で確認すると、道を取り違えて一本南側の道を登っていて、しかもその道は稜線まで達せず途中で消えているではないか!ただ正しい道に戻るとなるとかなり時間を要してしまう。さてどうするか。結論としては、このまま道を進んで行くことにした。というのは地図上では道は消えているが、おそらくその先も踏み跡程度の道は稜線まで続いているだろうという予感がしたからである。もし、宛が外れて道が途絶えている時は潔く引き返すまでだと心に決めた。そして地図上の道の終了点手前まで来ると、右から上に続く道が合流しており、車が進入できないようにロープが張ってあるが、赤テープがずっと上まで続いているので、稜線に繋がる道であることを確信した。

 

30分ほど登ると稜線に達し、左に少し登れば皇令山の頂上であった。もう日が傾いている時間なので誰もいないだろうと思ったら観光客がいるではないか。頂上直下まで自動車道が来ているので、車を停めて歩いてきたらしい。そう言えば、前回七峰南部の山を登ったときも、稜線直下を自動車道が平行して通っていたことを思い出した。この次は七峰最後の山である登谷山だ。大したアップダウンもなく着いたが、丁度夕日が秩父ぶの山に沈むところであった。頂上直下まで自動車道が通っているので、その道を目指して降り始めたら下から人が登ってくる。普通はこんな時間に山に登りにくる人はいないものだが、自動車道が頂上直下まで通っているこの山域特有の現象のようだ。

 

自動車道まで降りて寄居駅までの距離を調べると十キロ弱だった。以前ならば、そんな長い自動車道を歩くとなるとウンザリしたものだが、最近は山はトレランもどきで走っているので(と言ってもジョギング程度だが)、あまり苦にならなくなった。下り始めてしばらくすると、夜の帳が降りて寄居方面の夜景が見事である。昼間に見た展望とは一味違った趣である。やがて高度を下げて荒川を渡ると寄居駅はもうすぐである。駅に着いてみると、駅近くにはお店が皆無であるのにはガッカリした。ただ次の電車の出発までには30分あったのでコンビニまで走ってビールと弁当をゲットできたのはラッキーだった。

|

« 帰国 | トップページ | 中国地方西部旅行 一日目 はるばる広島へ »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国 | トップページ | 中国地方西部旅行 一日目 はるばる広島へ »