« 中国地方西部旅行 二日目 鉄道縦断 | トップページ | 中国地方西部旅行 四日目 出雲大社から山陰路を西へ »

2020年3月23日 (月)

中国地方西部旅行 三日目 宍道湖一周

202003222128060020200322212955002020032221301600

今日は鳥取県から島根県にかけての海岸線のツーリングである。まずは昨夜駅前に駐輪した自転車を回収する。回収後は米子方面と別れて境港方面に向かう。途中に井上靖記念館という建物があったので、門の中に入って案内をみたら、自宅の家具のレプリカが飾ってあるとのことで、そんなものを見てもしょうがないので、すごすごと引き返す。境港の手前に以前仕事で毎月訪問していた会社があるので、懐かしくなって寄り道をしてみた。あいにく日曜日で門が閉まっていたが、顔見知りに逢うことがなくて良かったかもしれない。

境水道を跨ぐ大橋を渡ると島根半島(って言うのかな)の先端付近に達するが、今日はコース取りが悩ましい。と言うのは、島根半島は日本海に面している外海と宍道湖と内海を擁している内海があり、どちらを行くべきかということが問題となる。オーソドックスに考えれば、外海を行くべきということになるのだろうが、外海とは線で接している部分はわずかで、多数の点に行こうとすると多大の時間を要してしまうことが問題である。さらには半島の中央部にそこそこの山脈があるため、それを越えて外海に出るにはかなりの労力が必要となってくる。ただ一ヶ所だけトンネルでくり貫かれている道があるため、そこを通ろうかと思ってグーグルマップで調べてみたら、歩行者モードではトンネルは人は通れないことになっている。自転車モードはないが、同じことだろうと考え、外海に出るのは諦めて内海の宍道湖を一周(約70キロ)することにした。

松江に着いてまずはレストランで腹ごしらえ。旅に出て初めてまともな食事にありつく。松江のランドマークと言えば松江城だが、初代城主の堀なんたらという人物には興味はなかったし、見学していると時間がかかりそうなのでカット、代わりに小泉八雲記念館を見学する。小泉作品としてはみみなし芳一くらいしか知らないが、アメリカ人だと思っていたのに、ギリシャ生まれでアイルランド育ちだということがわかったのが収穫か?

その後松江をスタートして北側から回り始める。北半分を歩いたところで少し寄り道をする。出雲王国の存在を決定づける多数の銅剣発掘で脚光を浴びた荒神谷遺跡である。遺跡に辿りまで結構時間がかかったこともあり、後半の宍道湖南半分を終えた時は暗くなってしまった。もちろん、出雲市から遺跡までもちゃんとトレースはしておいた。

|

« 中国地方西部旅行 二日目 鉄道縦断 | トップページ | 中国地方西部旅行 四日目 出雲大社から山陰路を西へ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国地方西部旅行 二日目 鉄道縦断 | トップページ | 中国地方西部旅行 四日目 出雲大社から山陰路を西へ »