« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月27日 (木)

温泉と山 鉢盛山ならぬ木曽川源流

20200826211125002020082621115900
昨日一昨日と部屋の露天風呂にしか入ってなかったので、早朝に大浴場にも入ってみる。がら空きだったし、広い浴場の方がやはり気持ちいい。朝食後も9時半頃まで部屋でのんびりする。今日の目的の鉢盛山は標高は2400メートルほどだがアプローチが長く長丁場となるのだが、出発点となる藪原駅までの本数が少なく、ホテルで朝食をとってからとなると、松本発10時半まで列車がないため不本意いながらのんびりせざるを得ないのだ。その代わり、当日に帰京できない時は塩尻駅周辺のホテルでもう一泊することとした。 藪原駅で下車したら、もう一人自転車を持った年配の人が降りてくる。ひょっとして同一方向かなと思って聞いて見ると、藪原駅に車を置いて松本までまでツーリングして電車で藪原に戻ってきたところだと言う。電動サイクルをキャスター付きのキャリーで運んでいたが、自分の足腰が弱ってしまっても、こういう方法もありなのかと感心してしまった。 出発に際してスマホのGPS地図でコースを再確認しておこうと思ったが、お昼近くの強い光線で画面が良く見えなく確認ができなかったが、記憶を過信して確認せずに出発してしまった。そして一時間ほど乗って急坂の途中の木陰で休んでスマホの地図を確認したところ、見事に道を取り違えて5キロ以上も進んでいることがわかった。 正しい曲がり角まで坂をドンドン下っていくのは嫌な気分だが、自分が不注意だったのだから仕方がない。30分以上のロスで鉢盛山登山には黄色信号が灯ったが、とにかく今は前進するしかない。正しい道はダムまでは急坂だが、ダム湖に沿っては平坦な道が続く。途中には何ヵ所かゲートがあるが、車両の進入禁止であって自転車は対象外だろうと解釈して自己責任で前進する。 ところが3番目のゲートの先で舗装道路は終わって砂利道となっているではないか。マウンテンバイクならともかく、ロードバイクの細いタイヤではたちまちパンクしてしまうに違いないので、自転車はその場に置いてジョギングで登り出すが、登山口まではまだ9キロもあるのだ。事前にネットで調べた限りでは自転車の記録はなく、登山口まで舗装されているかどうかはわからなかったが、仮に舗装されてなくてもこんな下から砂利道になっているとは思いもよらなかった。 これで鉢盛山登山は無理となり、木曽川源流ツーリングに目的を切り替えることとなった。木曽川はさきほど道を間違えたところから河口までは歩きと自転車でトレース済みだったが、源流部分だけは未踏だったので、その踏破も鉢盛山登山とともに目的としていたのだが、鉢盛山登山が不可能になっても、もう一つの目的が達成できればいいやと思えた。6キロほど前進すると、木曽川の最後の流れを渡る(写真)。と言っても、流れ自体はまだ上の方に続いているのだが、道は沢から離れていくので、ここを源流として引き返すことにした。なお、源流には源流の碑があるということをネットに書いてあったのを思い出して捜してみたが、見つからなかった。帰ってからネットでよく調べたら、引き返した地点のちょっと下辺りにあるらしいが、いずれも現地のNPO主催のツアーで訪ねたものなので、一般の人にはなかなか敷居が高いもののようだ。 下りは同じ6キロでも断然楽な道のりである。途中で振り返ると、目的だった鉢盛山が真正面に見えた(写真)。今回のように南側からはアブローチが長くてほとんど登られていないが、次回は一般的なコースである北側からか、東側から登ってみよう。なお、今回は動物に良くであった。猿の群れには行きも帰りもあったし、行きには猪の親子連れが数百メートル先の川をわたっていたし、帰りには数百メートル先の行く手の林道を熊が横断していた。この時はさすがに、しばらくじっとして笛を吹き続け、安全を確認してから急いで通過すると、ダム湖が見えてきて、藪原駅はもうすぐであった。ハプニング続きだった1日も無事に終わり、最終の特急にも乗れて当日中に帰宅することもできた。

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

温泉と山 経ヶ岳はアプローチで敗退

2020082516332400
感染もピークを過ぎたようなので、延ばし延ばしになっていた家内との温泉旅行として松本郊外の美ヶ原温泉に出かける。ただし、感染には気を付けて、露天風呂付きの客室、食事は個室となっているホテルを選び、人出の多い観光地には行かないこととした。そうは言っても風呂と言えばカラスの行水で、温泉に一日中入る気はない私は近くの山に自転車で出かけることにした。 まずは中央アルプス北部の200名山である経ヶ岳を伊那側から登ることにした。五万図で調べると林道が奥深く延びていて、終点から尾根に取りつけば、さほど時間がかからずに登頂できそうだったので、日帰り登山にはピッタリだと思ってしまった。ところが、実際に行ってみると、林道は終点の五キロほど手前で舗装がなくなり、そこからは歩いて登らなければならなくなったので、頂上まで行ってると、ホテルの夕食には間に合いそうまないので、稜線まで上がって頂上を遠望するだけで帰るつもりで歩を前に進めた。ところが、稜線までジグザグで登る道が見つからず、雑草の生い茂った平坦な林道がいつまでも続いているので、写真の所でついにあきらめて戻ることにした。 今回は旅行のついでの山登りということで下調べが足りなかったことを反省し、次回は充分調べてから再挑戦することとしたい。

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

北高尾山稜トレランもどき

2020081510223900

お盆に高尾の墓地に墓参りしたついでに八王子城跡から北高尾を縦走して堂所山に至り、そこからいつもの高尾~陣馬トレイルに出で高尾登山口まで行くというコースである。
高尾霊園まではいつもは歩いて行くのだが(小一時間)、今日は時間と体力をセーブするためにバスに乗っていく。彼岸の時期には霊園までの道も渋滞するし、バスも満員となるのだが、渋滞もなくバスもがら空きであった。東京ではお盆の墓参りというのはメジャーではないのかもしれない(そう言えば私もお盆に墓参りするのは初めてかもしれない)。

墓参り後に八王子城跡に向かうが、猛暑の中を走る気がせず急ぎ足で歩く。本丸跡まではけっこう人が来るが、そこから先となるとめっきり人が入らないようだ。と思ったら先行者の二人パーティーがいたが、先に行かせてもらう。泉台に着いて食事をしていると、追い抜いた二人パーティーがやってきて、休みを取らずに裏高尾の方に向かって行った。ここでしばらく思案する。というのは、泉台で縦走路は堂所山方面に向かう北高尾縦走路と裏高尾縦走路に分かれるのだが、当初予定していた北高尾縦走路はとても長い尾根だが、途中に峠があってエスケープが可能なので、いざとなったらそこから下山すればいいやと思ってた。ところが、去年の台風で峠から下りる道が通行止めとの表示があったため弱気になり、さきほどの二人連れが向かった裏高尾の方に向かおうかなとも思った。その時、トレイルランナーらしき人が堂所山方面に向かってかけ降りていくのに出会った。それを見て闘争心が掻き立てられて、そのランナーを追って行くことになった。もっとも現役のトレイルランナーに追い付けるはずもなく一人旅が続いたが、アップダウンの連続ではあるものの、いずれも大した登りではないので、3時前には堂所山に着くことができた。そこから先は、お馴染みの高尾山までのトレランコースを進んだ。

Photo_20200816092301

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

一人ハセツネ 前半部

Hasetsune

奥多摩の尾根を71キロに亘って24時間以内で縦走する日本山岳耐久レース(通称、ハセツネカップ)には、10数年前までは毎年のように出場していたものだが、参加しなくなってから久しくなる。コロナの影響で遠くの山には行きづらいこともあり、一応都内だけの移動で完結するハセツネのコース(笹尾根の部分は神奈川、続いて山梨との県境上とはなるが)を歩いてみようという気になった。レースそのものは午後1時スタートなのだが、日中に平地を行くのはダメージが大きいので5時頃にスタートすることとし、五日市駅前で早めの夕食をとることとした。

 

本番ではロード区間は先を争って急ぎ、追い抜きが難しい山道に入る前に好位置を確保しようとしたものだが、今日は時間の制約もないのでノンビリと歩いて行く。秋川にかかる小和田橋を渡った先で登り道となって変電所の脇を通って行くのだが、その道が見つけられずに回り道して合流して今熊神社に達する。ここから先は尾根道と沢沿いの林道に別れるが、本番はどちらの道だったか記憶が定かでなかったので、楽そうに思えた沢沿いの林道を進むことにした。ところが、途中で林道は消えて踏み跡となり、さらに踏み跡も消えてヤブを漕ぎながら尾根まで登る羽目となった。

 

尾根まで上がると後は迷うことなく進めるはずだったが、夜道を前進する途中でコースの曲がり角を見誤ってコース外の市道山に進んでしまい30分ほど時間をロスしてしまう。その後は特にトラブルもなく前進したが、夜になっても気温は下がらず樹林帯で風の通りも悪かったためバテ気味となって水分を過剰に取ることにより食欲がなくなり、さらにバテてしまうという悪循環でコースタイムも守れなくなってしまった。

 

予定では日付が変わる前に第一関門に到着するつもりだったが、ペースの遅れから第一関門に着いたのは夜が明けてからとなってしまい、4リッター近く担ぎ上げた水も残り少なくなってきたので、日原峠から秋川側に少し下って水を補給したため30分ほど時間をロスすることになってしまった。

 

笹尾根自体は思ったほどアップダウンがなかったが、長い尾根であることにかわりはなく。午前中に三頭山まで行けるかどうかが微妙になってきた。朝10時頃に西原峠に着き、ここから頂上まで標高差500メートル近い急登となるので、大休止をしながら食料を無理矢理詰め込む。さすがにこのあたりまで来ると、登山者も何人かは出会うようになり、四人組のレスキュー隊員まで登ってくる。
2020081114470200

 

三頭山に向けて登りだすと、すぐ上に展望台があって先ほどのレスキュー隊員がやすんでいる。私が追い抜くと彼らも出発する。先に行ってもらってもよかったのだが、妙な対抗心が出てきて抜かれまいと必死で登る羽目になる。レスキュー隊員を従えて登るなんて経験は初めてだし、これならアクシデントにあっても心配ないなと考えていたら、彼らの姿が見えなくなってしまったのでどうしたのかと思ったら、頭上にヘリコプターのプロペラ音がして、どんどんと高度を下げてきた。きっと上空のヘリコプターとの連携でレスキュー訓練をしているのだろうと、彼らがレスキュー装備を持って登ってきた理由と途中から姿が見えなくなった理由が納得できた。

 

ブルースカイの下に緑の稜線が見えてくると頂上は近い。頂上に上がると、そこはすごい人の多さで三密に近い状態でもあったので早々に下山することとなった。もう時間的体力的に完走(完歩?)は無理なので、第二関門まで行き、そこから奥多摩側に下山するつもりであったが、地図で確認してみると第二関門から奥多摩湖に下りても、湖畔の道をバスの通っている青梅街道まではずいぶんと歩かねばならず、それならば三頭山から直接奥多摩湖に下りた方が早いことがわかった。
2020081114461700

 

奥多摩湖に下りる道は途中で二手に別れるて時間的に同じとなっているが、東の道を下りた方が、浮橋(ボート繋いだ橋)を渡ってバス停まで早く行けそうだったので、そちらの道を選択することにした。ただ道は思ったよりもたいへんで、前半は岩場交じりの下降、後半はアップダウンの連続といった具合でコースタイムの倍近くかかってしまった(大勢の人を追い抜いたので、ペースが遅かったはずはないのに、あのコースタイムは一体なんだったのだろうか)。さらに湖畔に着くと浮橋は通行止めの表示があり、西側に大きく回り込んで車の通る橋を渡ってバス停まで行かなければならないことになってしまった。

 

ハセツネのコースの約半分の所でリタイアしてしまったが、それでも距離としては52キロとなり、最近では1日で歩いた距離としては最長のものとなった。今回の山行でもうひとつ気がついたこととしては、20時間以上ストックを握っていたため指にしびれがきたことである。指の筋力が衰えてきたせいだろうが、指の筋肉のトレーニングをする必要があることも認識させてくれた。なお今回歩き損なったハセツネコースの後半部分はもう少し涼しくなったら、再チャレンジをしてみようかなという気にもなった。

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

猛暑の中の高尾~陣馬トレラン

梅雨明けてから数日がたって縦走路のぬかるみもそろそろ解消しただろうと久しぶりの高尾~陣馬(往復30キロ)のトレランに出かける。最近は夜間に走っていて、体が暑さに慣れていないせいか、1号路前半の急坂部分で今までに経験したことがないダメージを感じて、今日は高尾山往復でやめようかとも思う。そのためペースダウンして山頂を目指すが、おかげで55分と過去のベストタイムの倍以上かかってしまう。ただ、体が慣れてきたようなので、景信山まではいってみようと思い直す。トレラン中は景信山では休憩しないのだが、今日は景信山頂で大休止したため、だいぶ元気も回復したようだし、陣馬山まではそれほどの登りはないので、予定どおり前進する。

2020080413282200_20200804144301

帰途は走るのは下りと平坦地のみで、ちょっとでも登りになると、急ぎ足にならざるをえなかった。そのため、登山口駅に到着したのは8時間半とベストタイムの倍以上の時間がかかってしまった。
2020080413282100_20200804144301

私の年で高尾~陣馬のトレランをやっている人はまずいないだろうが、来年以降に延期となったパミール登山のためにやらざるをえないと思っている(本当はこんなシンドイことはやりたくないんだけど)

高尾山は休日は人出が多いので、感染をさけるために平日に行ってみたのだが、いつも休日に行ってるので、かけ下って駅に着くと売店でビールを買って飲むのが楽しみだったのだが、平日は休みでビールを飲み損ねてしまった。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

ブログ開始前の山行記録アップ

当ブログは2009年6月から開始したのだが、それ以前の山行記録もアップしておいた。
ブログ右端の一番下のHPリンクの中の一番下にある「ブログ開始前の山行記録」をクリックしてもらうか、以下のサイトを直接
呼び出してもらってもよい。

http://vibram.world.coocan.jp/kako.htm

なお、2004年前半までは以前契約していたプロバイダーのサイトにあったデータを自分のPCに保管してあったのだが、それもリンクを張りなおしてニフティのサイトに登録しておいたので、上のリンクから見れるようになっている。

2014年後半から約5年間の記録は今回新たに書いたのだが、改めてその当時の記憶が蘇り、コロナ渦で遠出がしにくい中での絶好の疑似山行ができたようで楽しかった。これでネット上で自分の過去の山行のほとんどを見ることができるようになったので、もっと年をとって山に行けなくなっても退屈することはないだろう。

また、ブログ右端の一番下のHPリンクの中にある「海外山行の履歴」についても最新のものに更新しておきましたので、よろしかったらご覧ください。

| | コメント (2)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »