« 北高尾山稜トレランもどき | トップページ | 温泉と山 鉢盛山ならぬ木曽川源流 »

2020年8月25日 (火)

温泉と山 経ヶ岳はアプローチで敗退

2020082516332400
感染もピークを過ぎたようなので、延ばし延ばしになっていた家内との温泉旅行として松本郊外の美ヶ原温泉に出かける。ただし、感染には気を付けて、露天風呂付きの客室、食事は個室となっているホテルを選び、人出の多い観光地には行かないこととした。そうは言っても風呂と言えばカラスの行水で、温泉に一日中入る気はない私は近くの山に自転車で出かけることにした。 まずは中央アルプス北部の200名山である経ヶ岳を伊那側から登ることにした。五万図で調べると林道が奥深く延びていて、終点から尾根に取りつけば、さほど時間がかからずに登頂できそうだったので、日帰り登山にはピッタリだと思ってしまった。ところが、実際に行ってみると、林道は終点の五キロほど手前で舗装がなくなり、そこからは歩いて登らなければならなくなったので、頂上まで行ってると、ホテルの夕食には間に合いそうまないので、稜線まで上がって頂上を遠望するだけで帰るつもりで歩を前に進めた。ところが、稜線までジグザグで登る道が見つからず、雑草の生い茂った平坦な林道がいつまでも続いているので、写真の所でついにあきらめて戻ることにした。 今回は旅行のついでの山登りということで下調べが足りなかったことを反省し、次回は充分調べてから再挑戦することとしたい。

|

« 北高尾山稜トレランもどき | トップページ | 温泉と山 鉢盛山ならぬ木曽川源流 »

歩き」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北高尾山稜トレランもどき | トップページ | 温泉と山 鉢盛山ならぬ木曽川源流 »