« 前黒法師岳までしか行かれず | トップページ | ハセツネコースを何とか踏破 »

2020年9月15日 (火)

行程の前倒しで1日早く帰京

2020091522073600

当初の予定では前日に黒法師岳を往復するつもりだったので、疲労困憊で翌日は行動できなくなることも考えて休養することを予定してたが、前黒法師岳で引き返したためにさほどダメージも大きくないので、予定を一日繰り上げて東海自然歩道山の続きを歩くことにした。ネットで調べると絶妙のタイミングで電車とバスが接続しており、当日に帰京できることもわかり、不快なキャンプ生活をもう一晩せずにすむこともわかりラッキーだった。

宿の朝食を終えてバス停に向かうと、午前中唯一のバスがたいした待ち時間もなく発車となり、終点の千頭駅でも5分程度の待ち時間で大井川鐵道の登り電車に載ることができた。30分ちょっと乗車して家山駅で10時過ぎに下車する。ここから前回の自然歩道歩きで到達している西端である蔵田まではコースタイムで7、8時間であるが、最終バスまでの時間が8時間弱あって余裕はないものの頑張れば乗車可能な時間ではある。

家山駅から自然歩道に向かう途中にコンビニがあることは調べてあったので(この近辺ではコンビニは滅多にないのだが)、食料を買ってから緩い登りの舗装道路を2時間ちょっと歩く。その後は茶畑の間の細い急な道を登り、稜線に出てからはアップダウンを繰り返して笑い仏に着く。距離的にはほぼ半分だが、スタートとゴールの標高にだいぶ差があるので、行程的には半分以上は来たことになるものの、一応は予定時間内では来ていることになる。ただこの先にはコース最高地点の高根山の登りが控えているので余談は許されない。、

高根山の登りになる前に西向きの吊橋というのがあって、そこに至るまでは急降下を行う。何で稜線上に吊橋があるのだろうと不思議に思っていたら、稜線の峠を越える林道と立体交差するためであった。

吊橋から先は急な登りがあることを覚悟していたが、たいした登りはなくおまけに雨が降りだして暑さも避けられたので快適に登ることができた(その分、展望はなかったが)。最後のちょっとした登りを終えると高根山山頂であった。ちょうど山頂に着いた頃に天候が回復して、展望を楽しむこともできたが、馴染みのない山塊なのであまり興味は湧かなかった。

高根山からゴールの蔵田までは下り一方であるが、コースタイム通りでも最終バスまでは40分以上の余裕が見込めるので、マイペースで降りることにした。林道まで降り立ったところに神社があり、寄り道しても5分程度なので、ほとんどの人は立ち寄るだろうが、信仰心の薄い自分は無視して素通りする(いつか、地獄に落ちるか)。

蔵田には最終バス発車時刻の30分以上前に到着して無事終了と言いたい所であるが、もうひとつ仕事が残っている。それはビールの調達である。蔵田で唯一のお店(雑貨屋?)に入ったらビールも売ってたが、適当なつまみは売ってなかったので、昼用に買った残りのカレーパンをつまみ代わりとした。

これで東海自然歩道も1ヶ所を除いて大井川までは踏破したことになり、本年中には静岡県を終わらせて愛知県に入りたいものである。なお新幹線に乗り込む前に入浴と着替えも済ませたかったのだが、藤枝行きのバスはゆらく温泉で乗り換えるものの、乗り換え時間が10分しかないので無理で、藤枝駅近辺にも銭湯はないようなので、新幹線に乗り換える静岡駅までの間で調べたら焼津の駅チカにスーパー銭湯があることがわかり途中下車してみる。駅チカの名の通り駅から2分ほどの至近距離にあり、1時間以内ならば580円というリーズナブルなものであった。お陰でさっぱりとした気分で新幹線に乗り込むことができた(もっとも新幹線はがら空きで、汗臭くて他人に迷惑をかける心配もなかったが)。

|

« 前黒法師岳までしか行かれず | トップページ | ハセツネコースを何とか踏破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前黒法師岳までしか行かれず | トップページ | ハセツネコースを何とか踏破 »