« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月29日 (木)

温泉と山Ⅱ 鉢伏山には届かず美鈴湖に転進

2020102912184500202010291218050020201029121727002020102912170200

二日目は鉢伏山を目指す。鉢伏山登山は通常は松本から車で扉温泉まで入って、そこからはハイキングで登るようだが、松本郊外からも尾根が延びているので、松本からの日帰り登山も可能だろうとトライしてみることにした。 松本から鉢伏山に直接登る人は少ないとみえ、尾根に上がるまでは道が不鮮明な上に傾斜が急で、意外と時間がかかってしまった。ただ尾根に出てしばらくすると、林道と合流してなだらかな登りが続くようになる。展望に恵まれなかった昨日とは違って、今日は雪をいただいた北アルプスの展望が楽しめるのだが、天候が今ひとつで、写真にすると大展望を写り込めなかったのは残念だった。ただ林道の両側には紅葉とススキが連なっていて、秋の雰囲気をなんとか撮りこむことはできた。

林道は延々と続いて行程は遅々として捗らず日帰りで往復することは難しいと思われたので、峠で大休止して昼食を摂り、ここから引き返すことにした。

峠で景色を眺めながら昼食をとっていると、背後からけたたましい物音がするので振り返ると、マウンテンバイクが砂利道を駆け下ってくるのであった。峠から先は当然、巻き道の林道を進むのかと思ったら稜線を駆け上っていくのは意外であった。私も帰り道は稜線通しに進んでみたが、山頂までは大した登りではないものの、下りは物凄い急坂であるにもかかわらず、ちゃんとタイヤの跡が残っていたのにはびっくりした。 林道と別れて登山口に戻ったのは3時過ぎで、今からホテルに戻るとなると早すぎると思ったので10年ほど前に参加したことがある美ヶ原自転車レースの核心部である美鈴湖まで行ってみることにした。 朝間温泉から激坂が連続するが、しばらくすると通行止めのため美鈴湖へは迂回するようにとの表示が現れる。美鈴湖経由美ヶ原までの路線バスは本年は運休とのお知らせがネットに出ていたので、コロナのせいかなと思っていたら、通行止めのせいであることがわかった。 やがて通行止めのゲートが現れたので、自転車を置いて徒歩で登りだしたが、間もなく決壊箇所が二ヶ所に遭遇する。おそらく去年の台風によるものと思われるが、復旧の手は全く入っていないようなので、まだしばらくは通行止めが続くのだろう。 コースは急なヘアピンカーブが連続するが、よくこんなところを登ったものだと我ながら感心してしまう。傾斜が落ちると美鈴湖はもう目の前で、コースはさらに美ヶ原山頂直下まで緩い登りが続くのだか、今日は美鈴湖で引き返すことにした。

 レース参加時は終了後に市内に戻る際に、他の選手に煽られてスピードを出しすぎてカーブを曲がりきれずに転倒して鎖骨を骨折してしまったのだが、完治するまで一切の運動を禁じられてしまったために暇潰しに、奥の細道や東海道五十三次を歩きはじめたことが、その後の日本列島徒歩縦断その他の歩き旅に繋がったわけで、自分にとっては思い出となるコースを再び訪ねることができて何よりであった。

 翌日はホテルでゆっくりした後に松本に向かうが、途中松本民芸館に立ち寄る。在住者による世界各地から集めたコレクションが展示されているが、館内では撮影し忘れたので、外観だけを写しておいた。その後は松本駅でそばを食べてがら空きの特急で帰京することとなった。

帰ってから調べてみたら、鉢伏山に続く尾根に取り付く前に渡った川に沿ってそのまま進んだら、(多分)舗装道路が扉温泉の先まで続いており、2時間もかからない登りで鉢伏山に登頂できることがわかった。扉温泉まではバスはないので、自転車だと2、3時間はかかるようだが、扉温泉に泊まれば送迎はしてくれるようだ。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

温泉と山Ⅱ 経ヶ岳のリベンジなる

2020102722501400

GOTOトラベルを利用して妻とともに美ヶ原温泉に再び出掛ける。自分にとっては今回も山がメインなので、まずは前回途中で断念した中央アルプスの200名山である経ヶ岳のリベンジを狙う。ただアプローチが長いので朝出では日帰り登山は難しいと考えて、前夜から出かけて登山口近くに仮眠してトライすることにした。登山口近くにオートキャンプ場はあるが、シーズンオフで営業してないようなので、その近辺で仮眠することにしたが、現地に行ってみると駐車場の隣が草の生えた窪地になっていたので、そこにツエルト(簡易テント)を張ることにした。

翌朝、駐車場に入ってきた車のライトで目が覚め、朝食を済ませてから登山口に向かうが、登山口に着いたのは7時を回ってしまい、行程がちょっと厳しくなる。自転車を停めて不用の荷物も置いて登りだすが、なかなか急な登りで七合目あたりからようやく雄大な山容が望めるようになる。頂上まではしばらく時間がかかり、登山口から頂上までには5時間を要してしまった。

頂上の展望は期待したほどではなく、昼食後すぐに下山にとりかかる。宿の食事に間に合う電車に乗るためには下りを3時間半以内で済ませる必要がある。どうにか時間内に最寄り駅近くまでは降りたのだが、駅に向かう道が見つからずに少々あせる。なんとか駅にたどり着いて電車に間に合い、リベンジ山行は成功裡に終わることができた。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

フェイスブックへのリンク

2017年にフェイスブックを始めて、政治状況や日々の身の周りの出来事についての感じたことを発信することになり、このブログは主として自分の行動記録を後になってから読み返すための備忘録としての性格に徹することとなりました。遅まきながらお知らせしますので、私の拙い意見にも興味のある方は以下のアドレスにアクセスされてフェイスブックもご覧いただければ幸いです。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100016593161900

なおブログの右端の一番下の「HPへのリンク」の最後に「日々の想い」という項目を追加しましたので、その項目をクリックしてもフェイスブックにリンクすることができます。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

王岳

 

大人の休日パスが1日余り、富士急にも乗車できるとのことなので富士山にでも日帰りで登ってこようと思ったが、コロナの影響で富士登山自粛となっているためか、バスの運転時間が日帰り登山はできないようになっている(としか思えない!)ため諦めて富士山を眺めるハイキングに変更して、西湖北方の山梨100名山でまだ登ってない王岳を目指すことにする。ただこちらもバスの本数が少なくなっていて、西湖よりも奥の精進湖からの登山口までのバスしかないことがわかり、急遽登山口を変更する。王岳登頂後に西湖に下山した場合の最終バスか3時過ぎと早いので、それまでに降りられるか心配ではあったが、乗り遅れたならば河口湖駅まで走るだけだと心に決める。

精進で下車して王岳の登山口を探すがどうしても見つからない。ネットからダウンロードした地図は必ずしも最新のものとは限らないので廃道になってしまったのかもしれない。さあどうしたものかと思ったがら河口湖のバス案内所でもらったイラストの地図では精進湖から甲府に抜ける道路に添って通っている旧道を峠まで登れば縦走路を伝って王岳まで行けそうなので行ってみることにする。

道はだんだんと不鮮明になり踏み跡程度になるが、途中からしっかりした道と合流して峠に至る(合流した道はどこから来た道なのだろうか)。このあたりはトリカブトが至る所に群生している。紫色で一見可憐な花に見えるが、綺麗なバラにはトゲがあるどころではなく、アイヌがヒグマを仕留めるために使用する猛毒があるとのことでクワバラ々々である。

2020100520161900トリカブト2020100520161700

ここからは富士山の展望に恵まれた稜線歩きで楽しいのであるが、目的の王岳にはなかなかたどり着かず、最終バスに間に合うかが心配になってくる。行程は遅々として捗らす、頂上に着いた時は、なんと最終バスの10分前で、西湖に降りてから河口湖駅まで走ることを覚悟する。西湖まではゆっくり降りるつもりであったが、これがなかなか分かりにくい道で、踏み跡を辿ったつもりだったのだが、GPSで確認すると1本尾根を取り違えていることが判明する。尾根を登り返すのも大変なので、GPSを頼りに正しい道まで強引に進んで西湖に降り立った。

2020100520161800

ハイキングのつもりだったのにとんでもないコースだった。おまけに13キロのジョギングまで付いてくるとは。

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

焼石岳

2020100405571501202010040557160020201004055714002020100405571300

東北200名山二日目は焼石岳である。ただ最寄り駅から登山口までの距離が30キロ近く、標高差で500メートル以上ある上、前夜の深夜までの行動で疲労が溜まっていることを考えてタクシーを利用することにした。ただ帰りは自転車を利用するため折り畳んで荷物入れに収納した。

登山口で下車すると、砂利道の林道が延びていたが、タイやの細いロードバイクではパンクのリスクがあるため、不要な荷物とともにデポしていくことにしたが林道自体もかなりの傾斜があるため、疲労の溜まった体が慣れるまで、ゆっくりと登っていくと、1時間半ほどで三合目登山口に着いたが、車が6台も停まっていた。途中で抜かれることはなかったので、2時間以上は先行しているということだろう。

焼石岳までは稜線遠しに行くのではなく、山腹を巻いて行くので、小刻みなアップダウンが続くが、途中で何回か小沢を徒渉するので変化があって退屈することはない。アップダウンの途中で先行するパーティーとは全てすれ違い、八合目の平坦地から頂上を目指す急傾斜な登山道は貸切状態である。八合目付近は草紅葉の中を池塘と小川の流れを眺めながら進んで行く素晴らしいロケーションであった。さらに頂上を目指すと周囲は紅葉が広がり秋山の楽しさを満喫することができた。あいにくの曇り空で写真写りが今ひとつだったのは残念であった。

頂上には4時過ぎに着いたが、強風とガスにつつまれていて、長居してもしょうがないので、証拠写真をとってから早々と下山に移る。昨夜に続いての残業は避けられないが、多少は早めに着くかと思ったが、アップダウンの続く後半は登りと大差ない時間がかかり、自転車のデポ地に戻った時は8時を大きく回ってしまった。

今晩の泊まりの湯沢までは30キロ以上あり、ホテルに着いたのは11時近かった。ホテルの料金は約12000円がGOTO割引と旅行社の向かうポイント差引で約四千円となることは予めわかっていたか、さらに湯沢市独自の助成金5000円があってマイナス残となってしまうので、その分でなにかお土産を買ってくれと言われたのには驚いた。前夜のホテルでもらったクーポン券千円が使わず仕舞いになって惜しいと思ったが、十分お釣りが来た気がした。

明日の予定は神室山だったが、悪天候の予報と体の疲労から中止して、ゆっくりと帰京することにした。

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

和賀岳

2020100300344100

東北地方には200名山(101~200)が九座あるが、未登の三座を全部登ってしまおうという欲張った計画を立てた。ただ200名山となると、100名山ほどポピュラーではないので、秋田駒ヶ岳と栗駒山以外は公共交通機関がなく、車を運転できない私は自転車で登山口まで行くことにした。

最初の目標である和賀岳は東京を始発の新幹線で出て角館から自転車で20キロほど乗って登山口に着いて登るつもりで、稲刈り後の田んぼを眺めながら、ノンビリと秋のサイクリングを楽しんでいたのだが、登山口の六キロ以上手前で舗装が終わって砂利道となっていたことから、計画の大幅見直しが必要となった。何故ならば、マウンテンンバイクならいざ知らず、細いタイヤのロードバイクで長時間砂利道を走るとパンクの可能性が高いからである。

やむを得ず自転車を置いて六キロ強をジョギングで登山口に向かい、登りだしたのはなんと1時40分であった。しばらくすると、上から降りてきたパーティーと出会い、こんな時間に登ってくるのを不審に思ったのか、上で泊まるのですかと聞かれたが、「行ける所まで行きます」と言葉を濁した。ただ本心では絶対に登頂すると固く決めていた。

登山口からしばらくは展望がきかないが、稜線に出ると薬師岳から和賀岳が紅葉に染まって素晴らしい展望が眺められた。ただ和賀岳まではかなり長丁場となりそうなので、和賀岳まで行くという決心が少しぐらつく。ただ薬師岳まで上がると、そこから先はたいした登りはないので、これなら行けるのでさないかという気になってきた。そこで下りの時間も考慮して、和賀岳登頂の時間制限を5時として登ることにした。

実際には和賀岳登頂は5時15分となってしまったが、証拠写真を撮ってすぐに下山する。ホテルに着いたのはなんと12時を回ってしまったが、なんとか目標をクリアすることができた。なお、ホテルはGOTOトラベルを早速利用させてもらったが、検索サイトには必要とされていた身分証明書の提示は求められなかった。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »