« 秩父札所一筆書き 最終日 | トップページ | 東海自然歩道 静岡最終編 二日目 »

2020年11月20日 (金)

東海自然歩道 静岡最終編 初日

2020112018533900

勤労感謝の日までの四日間で静岡県内の東海自然歩道の歩き残した分を全部終えてしまおうという計画を立てた。初日は大井川以東で歩き残している安倍川から興津川までの分を歩き、その後の3日間で大井川以西を歩き通して、愛知県に抜けるという計画である。

 

初日は静岡駅で下車してから荷物をコインロッカーに預けて軽装でバスに乗り込む。と言うのは、夜にまた静岡に戻ってくるからである。安倍川中流の牛妻坂下で下車して竜爪山を目指して登りだす。荷物は軽いのだから、その気になれば飛ばすこともできるかも知れないが、四日間の長丁場でもあり、初日はセーブして行くことにする。ただセーブしすぎたのか竜爪山に着いたのは予定よりも一時間遅れて2時を回ってしまっていた。

 

朝から小雨模様であったが、頂上近くで本降りになる(スマホの画面には清水方面に集中豪雨の予報がでているーーードヒャ)。4日間も好天が続くことは希なので、初日の悪天は覚悟はしていたが、これほど悪化するとは思わなかった。そのため、頂上では写真を撮っただけで、昼食も取らずに下山に移る。

 

長い長い階段が続く道を降りきると穂積神社の境内で3時前の遅い昼食を摂る。神社の参拝のためか舗装道路が下まで続いており、二時間ほどの下りでヤマセミ温泉に着く。到着したのが5時少し過ぎで最終バスまで一時間半あるので、一風呂浴びるにはちょうどいい時間だと思ったら、風呂の受付は5時までだということで風呂に入り損なう。頼み込めば入れてくれたかも知れないが、風呂を出てからまた濡れた服を着ることを考えると嫌気がさして入らずじまいとなる。以前の自然歩道歩きで反対側から辿り着いた際には、月曜日で休業日のために風呂に入れなかったが、どうも自分には縁のない温泉のようだ。

 

その後はバスと電車を乗り継いで静岡駅に戻り、駅前に予約しておいたホテルに泊まるが、ここもGOTOトラベルのおかげで割引料金で安く泊まれることとなった。前日の国会前の集会ではシュプレヒコールの中にGOTOキャンペーン反対というのもあり、耳が痛い気がしないこともなかったが、GOTOトラベルを実際に利用してみると、感染対策に気をつけてさへいれば、それほどリスクがあるようには感じられない。GOTOトラベルでの感染事例はあるようだが、それは利用者の不注意のためであり、そのような人は遠出しなくても身の回りで感染を撒き散らしているのだろう。。

|

« 秩父札所一筆書き 最終日 | トップページ | 東海自然歩道 静岡最終編 二日目 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秩父札所一筆書き 最終日 | トップページ | 東海自然歩道 静岡最終編 二日目 »