« 十枚山の代わりに青笹山登頂 | トップページ | 初山行 »

2020年12月28日 (月)

高ドッキョウ

2020122721454401

テントを張った場所から田代峠までは30分程度で着くはずなのに一時間以上要してしまった。どうも最近は年のせいか、重荷だとてきめんに時間がかかるようになってしまった。トホホである。田代峠から徳間峠までの稜線は地図でみる限りは緩やかなアップダウンが連続するコースのように思えたが、実際は悪場が連続する厳しいコースであった。そのため徳間峠に着いたのはなんと1時をすぎていた。そのためコースの後半はカットせざるを得ないとしても、高ドッキョウだけは登っておきたいと思った。そこで徳間峠から往復して徳間に下山しても最終バスに間に合うかどうかを検討する。最終バスまではあと3時間15分ある。峠の標識には「徳間登山口50分」とある。徳間から徳間峠までは以前に登ったことがあり、「そんなに近かったかな」とも思ったが、下りだとそのくらいで行けるのなとも思い直した。念のためにGPS地図で確認しようと思ったら、システムエラーの表示が出てしまうので、仕方なく峠の標識を信じることにした。そうすると、2時間25分以内に往復して来なければいけないことになる。一方、南部町提供の地図では往復のコースタイムは往復3時間10分となっているが、このくらいは軽装で頑張れば可能だろうとスタートする。高ドッキョウの頂上は富士山が正面に見える展望の素晴らしい所だが、写真だけ撮ってすぐに下山を開始する。

2020122721454400

往復2時間10分で峠に戻り、すぐに徳間へ降り始めた時に重大な事に気付く。それは標識の時間表示は「登山口」と書いてあることだ。これで最終バスに間に合わないことは決定的になった。高ドッキョウへの往復をしてなければ間に合っただろうが。

2020122721454300

下りの道も良い道ではなかったか、それでも神経を使うだけ気は紛れたが、林道に降りてからの徳間までの一時間あまりの歩きは退屈した。ようやく着いた徳間はお店もないどころか歩いている人もいない寂しい集落であった。最初は集落のはずれにテントを張って、明日の始発バスで帰ろうかとも思ったが、酒もなくわずかの予備食で一夜を過ごすのは侘しいので、最寄り駅からタクシーを呼ぶことにした。4200円かかったが、今回は行動中は全く金を使ってないので、このくらいは仕方ないか。おかげで最終前の電車で帰宅することができた。

|

« 十枚山の代わりに青笹山登頂 | トップページ | 初山行 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十枚山の代わりに青笹山登頂 | トップページ | 初山行 »