« 東海自然歩道 静岡最終リベンジ編 2:日目目 | トップページ | 大栃山と釈迦ヶ岳 »

2020年12月15日 (火)

東海自然歩道 静岡最終リベンジ編 県境越え達成

 2020121510255500

  テントを張った休憩所は民家の真ん前にあったので、住民が起きてこないうちにテントを撤収して出発する。昨日のうちに着く予定だったイシヒラ遺跡は一時間ほどで行けるはずだったのだが、途中で道を間違えたりして倍以上の時間がかかってしまった。遺跡自体は縄文時代のものを復元したもので、どこにでもあるようなものである。

2020121510255401

次の行く先はくんま道の駅にある「かあさんの店」という名物食堂である。営業時間が11時から3時と短いが、ちょうど11時に着いたのでラッキーと思ったものの、開店まで10分以上待たされる。一押しは天ぷらそばということで注文してみたが、期待したほどではなかった。

2020121510255400   

2020121510255300

そこから先はいよいよ県境越えである。林道を登っていくと、自然歩道の標識が道路よりも一段低い所に立っているのが見える。変な所にあるなと思いつつ、そのまま前進すると、本来は道は左の方に進むはずなのに右の方に進んでいく。GPS地図で確認しても、右の方の道のない所が現在地点となっているし、そう言えば、頻繁に立っていた自然歩道の標識がパタリと見えなくなった。ここで道を間違っていることに気付き、道を戻ることにした。先程の標識まで戻ると、先ほどは道の真ん中を歩いていたので気づかなかったのだが、標識の近くまで寄って見ると、細い道が分岐して左の方に延びているのがわかった。そちらの方に進むと、地図どおりの道となって県境稜線上に達し、しばらく先に県境の地点に着いた。2年以上の期間を要してようやく静岡県の通過が終わったわけである。
2020121510255200

Photo_20201215115901

30分ほど下るとバス停に着く。予定では自然歩道をもう少し先まで歩くつもりだったが、ちょうどバスが停まっていたので乗り込んでしまった。下車した駅でのJRとの接続もよく、比較的早い時間に帰宅することができた。

|

« 東海自然歩道 静岡最終リベンジ編 2:日目目 | トップページ | 大栃山と釈迦ヶ岳 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海自然歩道 静岡最終リベンジ編 2:日目目 | トップページ | 大栃山と釈迦ヶ岳 »