« 東海自然歩道 愛知県最終回 第二日 犬山城から入鹿池 | トップページ | 白峰南嶺の空白部分を埋める »

2021年10月30日 (土)

東海自然歩道愛知県コース踏破

最終日の今日はコースの取り方が難しい。というのは、昨晩コンビニのイートインで弁当を食べながら検討したときは、テントを張る予定の入鹿池にもコンビニがあることがわかったので、そちらで食料を調達すればいいやと思って、ビールとつまみしか買わなかったのである。ところが、入鹿池に着いてみると、思っていたよりもずっと大きな池で、自然歩道が通っている東側からコンビニのある西側までは片道で4キロ近くもあり、簡単に買い物に行ってこれる距離ではないのだ。
Dsc_0193
一方、今日の行程では北寄りを通る自然歩道の近くにはコンビニはなく、自然歩道を離れて南周りを通ればコンビニがあることがわかった。今日の自然歩道のコースのうち、前半部分は見所となるものはないようなので、コンビニに寄った後に自然歩道に合流することにした。
単調な車道歩きを延々と続けてコンビニに辿り着く。そこからゴールの定光寺まで、このまま進めば数時間で着いてしまうようであるが、それでは自然歩道歩きならぬ舗(装)道(路)歩きとなってしまうので、進路を変えて自然歩道に合流することにした。五万図にも載ってないような里道を縫って、ようやく稜線上の自然歩道に合流できた。今回のコースの最後のピークの道樹山(420メートルしかないが)からゴールの定光寺まではネット上の資料では2時間半となっていたので、急ぎ足ならば明るいうちに辿り着けるだろうと、急なくだりを飛ばしていくと林道に出たのでこのまま降りていくのかと思ったら、途中で左の山道の方へ自然歩道はを進むようになっている。しかも、あれだけ下ったにもかかわらず、定光寺までは2時間20分となっているではないか。これでは明るいうちの定光寺には着けないと考えて、自然歩道と別れてそのまま林道を下ってしまった。
なぜ明るいうちにの定光寺到着にこだわったかというと、定光寺には岩場があって、半世紀近く前に名古屋に勤務していた時によく登ったところなので、久しぶりに見てみたいと思ったからである。定光寺には日没前には着いたものの、久々のことで岩場の場所をすっかり忘れてしまっていた。だんだん暗くなってきたので焦ってきたが、さらに進むと自然歩道春日井コースの展望台に着き、そこからかすかに岩場が見えたので、あわてて引き返して岩場の下に着き、暗くなる直前に半世紀ぶりの思い出の岩場と対面ができてラッキーだった。
Dsc_0195

|

« 東海自然歩道 愛知県最終回 第二日 犬山城から入鹿池 | トップページ | 白峰南嶺の空白部分を埋める »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海自然歩道 愛知県最終回 第二日 犬山城から入鹿池 | トップページ | 白峰南嶺の空白部分を埋める »