« 東海自然歩道 愛知県最終回 第一日 | トップページ | 東海自然歩道 番外編 小秀山 »

2021年10月26日 (火)

東海自然歩道 番外編 奥三界山

Dsc_0163_copy_217x387

今日及び明日は東海自然歩道の番外編として長野県に足を伸ばして三百名山である奥三界山と小秀夫山を登ることにした。この両山はネットで調べたところでは中央アルプスに区分されていたが、中央アルプスは伊那谷と木曽谷に囲まれた山域を言うのであるから、御嶽山の南に位置するこれらの山は広義の北アルプスに属するというべきだろう。

坂下駅始発の夕森公園行き始発バスに乗り込み7時45分に公園に着く。一方夕森公園発の最終は18時なので
行動可能時間は10時間ちょっとしかない。これに対してガイドブックのコースタイム合計は8時間40分である。これに休憩時間も加えるとキツキツのスケジュールとなる。果たして結果はいかに。

しょっぱなは調子が出ずコースタイムよりも遅れ気味であったが、後で頑張ればいいやと思っていたところ、林道歩き後の登山口までの時間がなんとコースタイムを1時間も上回っていることが判明。これはいかんとトップギアに切り替えて頂上を目指すが、それにもかかわらず登山口から頂上までの時間がコースタイムを10分も上回っていてガーンである。今までは本気モードで登ればコースタイムの七割(昔は五割以下だったんだけど)程度で登れたんだけど、このガイドブックのコースタイムは非常に厳しい。奥三界山などという山は初心者はまず登らないということでレベルを上げたのだろうか

そんなわけで、頂上ではゆっくりする間もなく、写真だけ撮ってすぐに下山し、遅れを取り戻そうと休憩もせずに全速力で夕森公園に下ったが、最終バスには20分間に合わなかった。タクシーを呼ぼうかなとも思ったが、駅までの距離を調べると10キロ程度だったので、2時間ちょっとの辛抱だと考えて歩いてしまった。

|

« 東海自然歩道 愛知県最終回 第一日 | トップページ | 東海自然歩道 番外編 小秀山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海自然歩道 愛知県最終回 第一日 | トップページ | 東海自然歩道 番外編 小秀山 »