« 東海自然歩道 愛知県北部三日目 | トップページ | 三方分山 »

2021年10月 5日 (火)

東海自然歩道 愛知県北部四日目

昨日、乗車したバス停まで行ってから、今日の行程が始まるが、そのバスは一時間に一本しか出てないので、頃合いを見てホテルを出発する。ついでに不要な荷物も駅のコインロッカーに預けておく。

 

バスを下車して勘八峡までは、GPS対応の地図とにらめっこしてようやく行けたが、次の広瀬までは完全に間違ってしまった。というのは広瀬方面に向けて北上していると、右側に東海自然歩道の 矢印があったので、広瀬方面の道であろうと歩を進める。しばらくは何の疑いもなく進んだが、どうも方向が東の方に向かっているようでおかしいと思い、次の標識をよく見てみると、行先が昨日、通行止めで行けなかった峠の先にある地名であることに気付き、反対方向に向かっていたことが判明する。昨日、正規のコースを進んでいれば、こんな失敗はしなかったろうに、約一時間のロスであった。

 

どうも、この失敗で意気消沈してしまい、広瀬を経由して猿投神社まで行く正規のコースはパスして、猿投神社までは最短経路で 行くという安易な方法を取ることになってしまった。もっとも30度近い炎天下の車道を行くのも楽ではなく、熱中症にならないように気をつけながらの道中であった。

 

猿投神社に着くと、かなりの車がとまっており、大半は猿投山に登山する人のようであった。神社から猿投山までも自然歩道となっており、神社まではズルをしてしまったので、ここは気合いを入れて登ろうとしたので、コースタイムが2時間10分のところを一時間半で登ることかできた。

2021100521115700

2021100521115600

自然歩道は雲興寺に向けて西に延びているので、そちらに足を踏み入れたが、こちらには向かう登山者はほとんどいないようである。今日は雲興寺まで行く時間はないので、途中から自然歩道と離れて最寄りの駅までの長い々々車道歩きをして、ひとまず東京に戻ることにした。

 

今回は一日も自然歩道を完歩することができなかったが、ポイントとなる地点は繋げることはできたので、それでよしとしよう。

|

« 東海自然歩道 愛知県北部三日目 | トップページ | 三方分山 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海自然歩道 愛知県北部三日目 | トップページ | 三方分山 »