« 福井の残務整理 | トップページ | 名古屋に戻る »

2022年6月21日 (火)

敦賀に戻る

バス停での仮眠?は空がしらじんでくると終わり、軽食をかじると四時半には出発することになる。敦賀~福井の走破は数日前に終えているのであるが、海岸線を通らずに内陸コースを取ったのは、奥の細道のコースを辿るためと、妻との芦原温泉宿泊のためには、内陸コースでないと無理があるためであったが、やはり海岸線に沿って進まないと日本列島一周とはならないということで、越前海岸経由での福井~敦賀の再走破となったものである。

 

結果としては越前海岸コースは素晴らしいコースであった。今まで日本各地の海岸線を通ってきたが、その中でも一ニを争そう素晴らしい景観であった。たた60キロも続く海岸線のためにだんだん飽きてくるし、睡眠不足から睡魔にも襲われてなんども休憩することになってしまった。それでも11時前には敦賀に着くことができたのは大成功であった。

 

予定ては、敦賀の西にある半島は未踏であるし、途中には奥の細道で芭蕉が立ち寄った色の浜という景勝地もあるので半島一周で締めくくるつもりであったが、11時現在で既に28度という温度で、熱中症の危険も考えられたので、しばらくは待機して夕方涼しくなってから出かけることにした。

 

ぎりぎりになって予約しようとしたため空室のあるホテルは少なく、辛うじて予約できたホテルは4時半まで入室ができないので、その間は駅の待合室で過ごし(冷房が良く効いていて快適だったが)、4時半にホテルに不要な荷物は預け、軽めの夕食をとって色の浜に向かって出発する。

 

一時間半ほどで色の浜に着くが、釣り人相手の宿が立ち並び芭蕉が愛でた景観は見あたらなかった。ただ少し離れた所には美しい砂浜も残っていたので、当時はこんな景観が広がっていたのかもしれない。集落にある寺には芭蕉の句碑もあったので、芭蕉は景観を求めてわざわざここまで足を伸ばしたのだろう。
Dsc_1966_copy_407x229

Dsc_1967_copy_484x272 

色の浜の奥には原発がたくさん存在するが、観光で来ながら原発の横を素通りするのもそぐわない気がしたので、半島一周はせずにそのまま帰ることにした。

|

« 福井の残務整理 | トップページ | 名古屋に戻る »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福井の残務整理 | トップページ | 名古屋に戻る »