« 若狭湾から福井方面へ | トップページ | 金沢へ足を伸ばす »

2022年6月16日 (木)

九頭竜川下降

あわら湯のまち駅からえちぜん鉄道と福井鉄道を乗り継いで、昨日駐輪したJR武生駅近くの越前武生駅(福井鉄道の終点)まで行き、そこから少し歩いた駐輪場まで歩き、昨日の続きで福井駅を目指す。福井鉄道と北陸本線が並行して走っているので迷うこともあるまいとたかをくくっていたら見事に迷ってしまい、地図と磁石で現在位置を確認してなんとか前進できた。

 

昼前に福井駅に着いたので昼食をとる。ここのところ、昼中は辺鄙な所ばかりいてパンばかり食べていたので、牛丼でもご馳走だった。

 

福井駅からはえちぜん鉄道で終点の勝山まで行き、九頭竜川を河口まで下降する計画を実施するつもりだ(今日は途中までしか行けないが)。何年か前に岐阜県から峠を越えて九頭竜湖に達し九頭竜川の源流を下ったが、途中から九頭竜川を離れて越美北線沿いに福井方面に下ったので、今回は九頭竜源流付近まで達し、そこから九頭竜川を下るつもりであった。
Dsc_1936_copy_427x240

 

えちぜん鉄道永平寺線の終点である勝山駅に着いたのは2時となってしまい、源流までの10キロ超に時間をかけるのは(たとえ行きはタクシーを使ったとしても)、ホテルの夕食時間が決まっている以上は無理だと判断して勝山駅から九頭竜川に沿って下降することに決定した。
Dsc_1937_copy_452x254

 

えちぜん鉄道は永平寺口の少し先で九頭竜川と離れて西に進路を取って福井方面に向かうが、そのまま九頭竜川沿いに進むと堤防の上が自転車専用道路となっているので快適に進むことができる。

 

河口まで15キロに達したあたりで、えちぜん鉄道と交差しているので、残りは後日に回して今日はここからえちぜん鉄道でホテルまで向かうことができるのだが、えちぜん鉄道は一時間に二本しか運転していないので、かなり長時間待たされることになり、もう少し先まで行ってみることにした。
Dsc_1938_copy_544x306

 

川と交差している駅からホテルの最寄り駅までは約17キロだったが、あと8キロとなった時点で、このまま進んだのでは夕食の時間に間に合わないと判断して、電車に乗ることにした。えちぜん鉄道沿いに進むこと自体にはほとんど意味がないのだから

|

« 若狭湾から福井方面へ | トップページ | 金沢へ足を伸ばす »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若狭湾から福井方面へ | トップページ | 金沢へ足を伸ばす »