« 敦賀に戻る | トップページ | 七ヶ岳敗退 »

2022年6月21日 (火)

名古屋に戻る

今日は奥の細道の敦賀~大垣のうちの未踏部分である琵琶湖北岸までサイクリングするだけであるが、途中の小谷城と長浜城にも時間があれば立ち寄る予定だ。

 

敦賀駅周辺は新幹線工事の影響で迷路のようになっおり、迷いまくって30分ほど時間をロスする。迷路を抜けると峠を越える登りとなるが、たいしたこともなく峠を越えて琵琶湖北岸に達する。ここからしばらく南下してから進路を西に向けて小谷城を目指す。

 

小谷城は浅井三代の居城であったが、織田信長によって攻め滅ぼされたあと破却されて、建造物は一切残っていないが、お市の方と三姉妹の落城時の逸話は有名で、全国のお城の中でも人気では上位にある。中世特有の山城であるため、登り口で自転車を停めて急な山道をしばらく登ることになる。
Dsc_1971_copy_398x224_20220621115101

Dsc_1970_copy_396x222_20220621115101

Dsc_1968_copy_409x230_20220621115101

本丸跡まで登って引き返すが、その間にも何人かの観光客とすれ違った。自転車を停めてある所まで降りて、次は長浜城を目指す。こちらは豊臣(当時は羽柴)秀吉の最初の城で、小谷城と違って琵琶湖の水運を活かした平城である。
Dsc_1976_copy_286x508_20220621115101

Dsc_1973_copy_336x598_20220621115101

長浜城に着いた時は、この後に名古屋での用件を済ますために乗る予定の列車の発車時刻が迫っていたため、道路から写真を撮っただけで列車に乗り込み、一週間に及ぶ旅に終止符を打った。

|

« 敦賀に戻る | トップページ | 七ヶ岳敗退 »

歩き」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敦賀に戻る | トップページ | 七ヶ岳敗退 »