« 沖縄~鹿児島 | トップページ | 市房山 »

2022年8月31日 (水)

高千穂峰

午後の便で帰京する妻をホテルに残して、二百名山の高千穂峰の登山口である高千穂河原を目指して自転車で出発する。霧島神宮の鳥居付近までは下りのはずだからと西に向かう下り坂をなんの疑問もなく下り始めた。ところが下りがいつまでも続き、一向に鳥居が見えてこないし、行きの送迎バスの時の車窓の景色とも違うので地図で確認すると、なんと一本南の駅に直接つながる道路を下降中であった。あわててホテルまで登り返したが、40分ほど時間と体力を浪費してしまった。

仕切り直しでホテル前から再スタートとなる。反対側の東に向かう道は二手に分かれ左の道に入ると大きく迂回して進路を西に変えて鳥居に向かうというもので、全く紛らわしい道である。登山口に向かう道は鳥居の手前で右に曲がり、そこから登りが始まる。さほど急な登りではないが、荷物が重いこともあり、勾配がきつい所では自転車を下りて進み、1時間半程度で登山口に着いた。
Img_20220830_124419_copy_273x365

高千穂峰は登山口からは往復3時間半程度と比較的近いのだが勾配はかなりある。下から見ると二つのピークを尾根は繋いでいるように見えるが、実は外輪山なのである。外輪山に登って最高地点まで行けば終わりかと思ったら、その背後に本当のピークがあって数百メートル登らなければならないのである。
Img_20220830_115002_copy_271x361

頂上を往復して高千穂河原に戻り、そこから霧島神宮駅に下りたが、そこから先が忙しい。JRに乗って西都城で下車して自転車を駐輪場に預けてからバスを乗り継いで人吉駅に移動し、駅前のホテルに入る。予約は一泊しかしてなかったが、テントの支柱代わりに使うストックを自転車のフレームにつけたまま預けてしまったのでテントを張れないのため、連泊に変更してもらおうと思ったら、明日は満室だという。
Img_20220830_130947_copy_373x280

部屋に入ってからネットで検索すると、人吉近辺の宿は全て満室であった。夏休みも終わろうとしているこの時期に何故だと思ったがやむを得ない。そこで、明日は二百名山の市房山を登りにバスを1時間以上乗るので、その途中の宿を検索したら空いてる宿があり、一件落着となった。

|

« 沖縄~鹿児島 | トップページ | 市房山 »

歩き」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄~鹿児島 | トップページ | 市房山 »