« 八十里越え断念 | トップページ | 奈良・京都旅行+東海自然歩道 »

2022年10月27日 (木)

会津朝日岳

本日の目的地の会津朝日岳は先日の御神楽岳よりも登山口からの標高差で200メートル以上多くあるが、登山口までは自転車で行けそうなので、歩く時間は短くて済みそうだ。

 

6時にキャンプ場を出て8時前に登山口手前のそばの店に着く。ここから登山口までは400メートルほどだが、砂利道となるため自転車を置いて歩き出すのだが、舗装道路の最後の所で前輪の空気が急に抜けてしまう。パンク修理には多少時間がかかるため下山してからすることにした。そば店は9時~16時営業とのことなので、頑張ればそばを食べてから修理すればいいやと、この時は思っていた。

 

登山口まで歩いていると、登山者の乗った車1台に抜かれる。登山口から登り出すと、しばらくして後続の登山者に立て続けて抜かれる。どうも私とは歩くスピードがかなり違う。連日の行動による疲れでスピードが出ないこともあるが、残念ながら加齢による体力低下があること否めないだろう。普段は出発時間が遅いことが多くて他の登山者と登山口付近で出会うことは稀だが、今回のように出発時間が他の登山者と近いと自分の体力低下を意識せざるをえない。

 

登山口からは赤倉谷を進むが、沢を離れてひと頑張りすると稜線に着く。ここから山頂までの標高差は300メートルちょっとなのでもう少しと思ってしまったが、少し登った叶の高手からは100メートル以上下降してから登り返すことになるので、意外に時間がかかってしまう。そのうちに先行していた登山者が次々と下りてくるので、思った以上に差がついてしまったことに気付く。

 

やがて眼前に朝日岳の堂々とした山容が見えてくるとファイトが湧いてくる。最後はちょっとした岩場を登り切ると絶頂に達する。三角点は稜線を少し北上したところにあり、到着したのは2時だったのでソバは諦め、次の目標は暗くなる前に自転車の所まで下りてパンクを修理することであった。
Img_20221024_132032_copy_404x304

Img_20221024_135917_copy_357x268

下山を始めてしばらくして避難小屋の横を通ると人の声が聞こえてくる。多分、早朝に登山口を出たのであろう私と同年輩の登山者二人と頂上直下ですれ違ったので、そのふたり連れは下までは下りずに小屋泊まりとしたのだろう。

これが年相応の山登りなのかとは思いつつも、なかなかそこまで思いきれない自分であった。

下りは同じ道を下りるだけなので、迷うこともなく登山口に着いたが、すでに真っ暗となっていた。ライトの明かりでパンク修理するのは嫌だなと思いながら自転車に近づき、もしやと思って前輪に空気を入れてみると空気漏れしないではないか。そのまま暗闇の中を1時間ほど自転車を漕いで県道に出れたのは奇跡に思えた。少し先のコンビニにはまだ明かりがついていたので飲食物を買って店を出ると、まだ7時を少し回った時間だというのにコンビニの明かりは消えてしまった。タッチの差で間に合ってラッキーだったが、もし間に合わずに只見の町まで行ってもコンビニは閉まっている可能性が高かっただろう。今日は最後になって幸運の女神が微笑んでくれたようだ。

|

« 八十里越え断念 | トップページ | 奈良・京都旅行+東海自然歩道 »

歩き」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八十里越え断念 | トップページ | 奈良・京都旅行+東海自然歩道 »