歩き

2020年10月29日 (木)

温泉と山Ⅱ 鉢伏山には届かず美鈴湖に転進

2020102912184500202010291218050020201029121727002020102912170200

二日目は鉢伏山を目指す。鉢伏山登山は通常は松本から車で扉温泉まで入って、そこからはハイキングで登るようだが、松本郊外からも尾根が延びているので、松本からの日帰り登山も可能だろうとトライしてみることにした。 松本から鉢伏山に直接登る人は少ないとみえ、尾根に上がるまでは道が不鮮明な上に傾斜が急で、意外と時間がかかってしまった。ただ尾根に出てしばらくすると、林道と合流してなだらかな登りが続くようになる。展望に恵まれなかった昨日とは違って、今日は雪をいただいた北アルプスの展望が楽しめるのだが、天候が今ひとつで、写真にすると大展望を写り込めなかったのは残念だった。ただ林道の両側には紅葉とススキが連なっていて、秋の雰囲気をなんとか撮りこむことはできた。

林道は延々と続いて行程は遅々として捗らず日帰りで往復することは難しいと思われたので、峠で大休止して昼食を摂り、ここから引き返すことにした。

峠で景色を眺めながら昼食をとっていると、背後からけたたましい物音がするので振り返ると、マウンテンバイクが砂利道を駆け下ってくるのであった。峠から先は当然、巻き道の林道を進むのかと思ったら稜線を駆け上っていくのは意外であった。私も帰り道は稜線通しに進んでみたが、山頂までは大した登りではないものの、下りは物凄い急坂であるにもかかわらず、ちゃんとタイヤの跡が残っていたのにはびっくりした。 林道と別れて登山口に戻ったのは3時過ぎで、今からホテルに戻るとなると早すぎると思ったので10年ほど前に参加したことがある美ヶ原自転車レースの核心部である美鈴湖まで行ってみることにした。 朝間温泉から激坂が連続するが、しばらくすると通行止めのため美鈴湖へは迂回するようにとの表示が現れる。美鈴湖経由美ヶ原までの路線バスは本年は運休とのお知らせがネットに出ていたので、コロナのせいかなと思っていたら、通行止めのせいであることがわかった。 やがて通行止めのゲートが現れたので、自転車を置いて徒歩で登りだしたが、間もなく決壊箇所が二ヶ所に遭遇する。おそらく去年の台風によるものと思われるが、復旧の手は全く入っていないようなので、まだしばらくは通行止めが続くのだろう。 コースは急なヘアピンカーブが連続するが、よくこんなところを登ったものだと我ながら感心してしまう。傾斜が落ちると美鈴湖はもう目の前で、コースはさらに美ヶ原山頂直下まで緩い登りが続くのだか、今日は美鈴湖で引き返すことにした。

 レース参加時は終了後に市内に戻る際に、他の選手に煽られてスピードを出しすぎてカーブを曲がりきれずに転倒して鎖骨を骨折してしまったのだが、完治するまで一切の運動を禁じられてしまったために暇潰しに、奥の細道や東海道五十三次を歩きはじめたことが、その後の日本列島徒歩縦断その他の歩き旅に繋がったわけで、自分にとっては思い出となるコースを再び訪ねることができて何よりであった。

 翌日はホテルでゆっくりした後に松本に向かうが、途中松本民芸館に立ち寄る。在住者による世界各地から集めたコレクションが展示されているが、館内では撮影し忘れたので、外観だけを写しておいた。その後は松本駅でそばを食べてがら空きの特急で帰京することとなった。

帰ってから調べてみたら、鉢伏山に続く尾根に取り付く前に渡った川に沿ってそのまま進んだら、(多分)舗装道路が扉温泉の先まで続いており、2時間もかからない登りで鉢伏山に登頂できることがわかった。扉温泉まではバスはないので、自転車だと2、3時間はかかるようだが、扉温泉に泊まれば送迎はしてくれるようだ。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

温泉と山Ⅱ 経ヶ岳のリベンジなる

2020102722501400

GOTOトラベルを利用して妻とともに美ヶ原温泉に再び出掛ける。自分にとっては今回も山がメインなので、まずは前回途中で断念した中央アルプスの200名山である経ヶ岳のリベンジを狙う。ただアプローチが長いので朝出では日帰り登山は難しいと考えて、前夜から出かけて登山口近くに仮眠してトライすることにした。登山口近くにオートキャンプ場はあるが、シーズンオフで営業してないようなので、その近辺で仮眠することにしたが、現地に行ってみると駐車場の隣が草の生えた窪地になっていたので、そこにツエルト(簡易テント)を張ることにした。

翌朝、駐車場に入ってきた車のライトで目が覚め、朝食を済ませてから登山口に向かうが、登山口に着いたのは7時を回ってしまい、行程がちょっと厳しくなる。自転車を停めて不用の荷物も置いて登りだすが、なかなか急な登りで七合目あたりからようやく雄大な山容が望めるようになる。頂上まではしばらく時間がかかり、登山口から頂上までには5時間を要してしまった。

頂上の展望は期待したほどではなく、昼食後すぐに下山にとりかかる。宿の食事に間に合う電車に乗るためには下りを3時間半以内で済ませる必要がある。どうにか時間内に最寄り駅近くまでは降りたのだが、駅に向かう道が見つからずに少々あせる。なんとか駅にたどり着いて電車に間に合い、リベンジ山行は成功裡に終わることができた。

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

前黒法師岳までしか行かれず

2020091419401900

当初は黒法師岳まで行くつもりであったが、寝過ごしたことや体調が今一つだったこともあり、手前の前黒法師岳で引き返すことにしたので、のんびりと歩いた。前黒法師岳まででも標高差は1400メートルあり、往復に12時間を要してなかなかハードだった。快晴に恵まれて雄大な景色も堪能し、静かな山行を楽しむことができた。なお黒法師岳は飯田線水窪駅経由がメインで登山時間も短いようなので、次はそちらから行ってみよう。

寸又峡には5時過ぎに戻ったが、飲食店は営業を終了しており、黒法師岳まで行くと帰りが遅くなることが予想されたため、宿泊予約の際に夕食は不要としたために山の残りを食べざるを得なかった。まあ温泉で汗を流せたのはよかったが・・・。ところで今日は虫についている?一日だった。久しぶりにマムシ(虫じゃなかった?)を間近で見たし。ヒルにも足を何ヵ所か咬まれた。前に近くの大無間でもヒルにやられたので、靴にはヒル避けわスプレーしておいたし、靴覆いを粘着テープで張り付けたのだが、スプレーは出発時だけでなく、随時する必要があったようだし、ヒルは狭い隙間からも侵入してくるようだ。まあ血を吸うだけで毒があるわけではないのだが。

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

黒法師を目指して

今回は南アルプス深南部にある300名山である黒法師岳の登頂を目指すこととしたが、なにしろ長大な尾根で、登山基地となる寸又峡温泉からの日帰りでの往復はかなりの強行軍となるので、前日中に尾根をある程度進んでおくことにしたが、それだけだと時間がもったいないので、大井川鐵道の終点である井川からひとつ手前の閑蔵までの約7キロを歩いておくことにした。と言うのは、日本海から太平洋までを日本アルプスを縦走しながら横断するコースのうち、その区間だけが未踏だったので、この機会を利用することにしたのである。もっとも同区間を自転車では走ってるし、3千メートル峰が連なる主稜線の東側に連なる白峰南嶺(白峰三山から南に繋がっている尾根)経由であれは、太平洋までは歩いているのだが。なお北アルプスも北部でコースが二つに分かれていて、親不知から後立山を南下するコースと剣北方稜線から立山・薬師を南下するコースが槍ヶ岳の手前で合流して穂高に至っているが、こちらについてはいずれも踏破済みである。

コロナの影響で大井川鐵道もがら空きである。井川から閑蔵まで歩いて乗り込んだ列車は乗客は私一人だった(その後の駅で乗り込んだ乗客はあったが)。奥泉で下車して寸又峡温泉行きのバスに乗り込む。 寸又峡温泉には結構観光客がいて、登山口に向かう途中で夢の吊り橋からの帰り道らしい人に随分と出会った。夢の吊り橋は昔、家族と来た時に行ったことがあるので、今日は渡らずに、その先の飛竜橋を渡ってしばらく歩くと登山口に着く。登り始めは少々悪い道だったが、しばらく歩くと平坦他に出たので、予定よりはだいぶ手前だったが、テントを張ってしまった。 2020091507245600

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

温泉と山 経ヶ岳はアプローチで敗退

2020082516332400
感染もピークを過ぎたようなので、延ばし延ばしになっていた家内との温泉旅行として松本郊外の美ヶ原温泉に出かける。ただし、感染には気を付けて、露天風呂付きの客室、食事は個室となっているホテルを選び、人出の多い観光地には行かないこととした。そうは言っても風呂と言えばカラスの行水で、温泉に一日中入る気はない私は近くの山に自転車で出かけることにした。 まずは中央アルプス北部の200名山である経ヶ岳を伊那側から登ることにした。五万図で調べると林道が奥深く延びていて、終点から尾根に取りつけば、さほど時間がかからずに登頂できそうだったので、日帰り登山にはピッタリだと思ってしまった。ところが、実際に行ってみると、林道は終点の五キロほど手前で舗装がなくなり、そこからは歩いて登らなければならなくなったので、頂上まで行ってると、ホテルの夕食には間に合いそうまないので、稜線まで上がって頂上を遠望するだけで帰るつもりで歩を前に進めた。ところが、稜線までジグザグで登る道が見つからず、雑草の生い茂った平坦な林道がいつまでも続いているので、写真の所でついにあきらめて戻ることにした。 今回は旅行のついでの山登りということで下調べが足りなかったことを反省し、次回は充分調べてから再挑戦することとしたい。

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

北高尾山稜トレランもどき

2020081510223900

お盆に高尾の墓地に墓参りしたついでに八王子城跡から北高尾を縦走して堂所山に至り、そこからいつもの高尾~陣馬トレイルに出で高尾登山口まで行くというコースである。
高尾霊園まではいつもは歩いて行くのだが(小一時間)、今日は時間と体力をセーブするためにバスに乗っていく。彼岸の時期には霊園までの道も渋滞するし、バスも満員となるのだが、渋滞もなくバスもがら空きであった。東京ではお盆の墓参りというのはメジャーではないのかもしれない(そう言えば私もお盆に墓参りするのは初めてかもしれない)。

墓参り後に八王子城跡に向かうが、猛暑の中を走る気がせず急ぎ足で歩く。本丸跡まではけっこう人が来るが、そこから先となるとめっきり人が入らないようだ。と思ったら先行者の二人パーティーがいたが、先に行かせてもらう。泉台に着いて食事をしていると、追い抜いた二人パーティーがやってきて、休みを取らずに裏高尾の方に向かって行った。ここでしばらく思案する。というのは、泉台で縦走路は堂所山方面に向かう北高尾縦走路と裏高尾縦走路に分かれるのだが、当初予定していた北高尾縦走路はとても長い尾根だが、途中に峠があってエスケープが可能なので、いざとなったらそこから下山すればいいやと思ってた。ところが、去年の台風で峠から下りる道が通行止めとの表示があったため弱気になり、さきほどの二人連れが向かった裏高尾の方に向かおうかなとも思った。その時、トレイルランナーらしき人が堂所山方面に向かってかけ降りていくのに出会った。それを見て闘争心が掻き立てられて、そのランナーを追って行くことになった。もっとも現役のトレイルランナーに追い付けるはずもなく一人旅が続いたが、アップダウンの連続ではあるものの、いずれも大した登りではないので、3時前には堂所山に着くことができた。そこから先は、お馴染みの高尾山までのトレランコースを進んだ。

Photo_20200816092301

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

一人ハセツネ 前半部

Hasetsune

奥多摩の尾根を71キロに亘って24時間以内で縦走する日本山岳耐久レース(通称、ハセツネカップ)には、10数年前までは毎年のように出場していたものだが、参加しなくなってから久しくなる。コロナの影響で遠くの山には行きづらいこともあり、一応都内だけの移動で完結するハセツネのコース(笹尾根の部分は神奈川、続いて山梨との県境上とはなるが)を歩いてみようという気になった。レースそのものは午後1時スタートなのだが、日中に平地を行くのはダメージが大きいので5時頃にスタートすることとし、五日市駅前で早めの夕食をとることとした。

 

本番ではロード区間は先を争って急ぎ、追い抜きが難しい山道に入る前に好位置を確保しようとしたものだが、今日は時間の制約もないのでノンビリと歩いて行く。秋川にかかる小和田橋を渡った先で登り道となって変電所の脇を通って行くのだが、その道が見つけられずに回り道して合流して今熊神社に達する。ここから先は尾根道と沢沿いの林道に別れるが、本番はどちらの道だったか記憶が定かでなかったので、楽そうに思えた沢沿いの林道を進むことにした。ところが、途中で林道は消えて踏み跡となり、さらに踏み跡も消えてヤブを漕ぎながら尾根まで登る羽目となった。

 

尾根まで上がると後は迷うことなく進めるはずだったが、夜道を前進する途中でコースの曲がり角を見誤ってコース外の市道山に進んでしまい30分ほど時間をロスしてしまう。その後は特にトラブルもなく前進したが、夜になっても気温は下がらず樹林帯で風の通りも悪かったためバテ気味となって水分を過剰に取ることにより食欲がなくなり、さらにバテてしまうという悪循環でコースタイムも守れなくなってしまった。

 

予定では日付が変わる前に第一関門に到着するつもりだったが、ペースの遅れから第一関門に着いたのは夜が明けてからとなってしまい、4リッター近く担ぎ上げた水も残り少なくなってきたので、日原峠から秋川側に少し下って水を補給したため30分ほど時間をロスすることになってしまった。

 

笹尾根自体は思ったほどアップダウンがなかったが、長い尾根であることにかわりはなく。午前中に三頭山まで行けるかどうかが微妙になってきた。朝10時頃に西原峠に着き、ここから頂上まで標高差500メートル近い急登となるので、大休止をしながら食料を無理矢理詰め込む。さすがにこのあたりまで来ると、登山者も何人かは出会うようになり、四人組のレスキュー隊員まで登ってくる。
2020081114470200

 

三頭山に向けて登りだすと、すぐ上に展望台があって先ほどのレスキュー隊員がやすんでいる。私が追い抜くと彼らも出発する。先に行ってもらってもよかったのだが、妙な対抗心が出てきて抜かれまいと必死で登る羽目になる。レスキュー隊員を従えて登るなんて経験は初めてだし、これならアクシデントにあっても心配ないなと考えていたら、彼らの姿が見えなくなってしまったのでどうしたのかと思ったら、頭上にヘリコプターのプロペラ音がして、どんどんと高度を下げてきた。きっと上空のヘリコプターとの連携でレスキュー訓練をしているのだろうと、彼らがレスキュー装備を持って登ってきた理由と途中から姿が見えなくなった理由が納得できた。

 

ブルースカイの下に緑の稜線が見えてくると頂上は近い。頂上に上がると、そこはすごい人の多さで三密に近い状態でもあったので早々に下山することとなった。もう時間的体力的に完走(完歩?)は無理なので、第二関門まで行き、そこから奥多摩側に下山するつもりであったが、地図で確認してみると第二関門から奥多摩湖に下りても、湖畔の道をバスの通っている青梅街道まではずいぶんと歩かねばならず、それならば三頭山から直接奥多摩湖に下りた方が早いことがわかった。
2020081114461700

 

奥多摩湖に下りる道は途中で二手に別れるて時間的に同じとなっているが、東の道を下りた方が、浮橋(ボート繋いだ橋)を渡ってバス停まで早く行けそうだったので、そちらの道を選択することにした。ただ道は思ったよりもたいへんで、前半は岩場交じりの下降、後半はアップダウンの連続といった具合でコースタイムの倍近くかかってしまった(大勢の人を追い抜いたので、ペースが遅かったはずはないのに、あのコースタイムは一体なんだったのだろうか)。さらに湖畔に着くと浮橋は通行止めの表示があり、西側に大きく回り込んで車の通る橋を渡ってバス停まで行かなければならないことになってしまった。

 

ハセツネのコースの約半分の所でリタイアしてしまったが、それでも距離としては52キロとなり、最近では1日で歩いた距離としては最長のものとなった。今回の山行でもうひとつ気がついたこととしては、20時間以上ストックを握っていたため指にしびれがきたことである。指の筋力が衰えてきたせいだろうが、指の筋肉のトレーニングをする必要があることも認識させてくれた。なお今回歩き損なったハセツネコースの後半部分はもう少し涼しくなったら、再チャレンジをしてみようかなという気にもなった。

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

猛暑の中の高尾~陣馬トレラン

梅雨明けてから数日がたって縦走路のぬかるみもそろそろ解消しただろうと久しぶりの高尾~陣馬(往復30キロ)のトレランに出かける。最近は夜間に走っていて、体が暑さに慣れていないせいか、1号路前半の急坂部分で今までに経験したことがないダメージを感じて、今日は高尾山往復でやめようかとも思う。そのためペースダウンして山頂を目指すが、おかげで55分と過去のベストタイムの倍以上かかってしまう。ただ、体が慣れてきたようなので、景信山まではいってみようと思い直す。トレラン中は景信山では休憩しないのだが、今日は景信山頂で大休止したため、だいぶ元気も回復したようだし、陣馬山まではそれほどの登りはないので、予定どおり前進する。

2020080413282200_20200804144301

帰途は走るのは下りと平坦地のみで、ちょっとでも登りになると、急ぎ足にならざるをえなかった。そのため、登山口駅に到着したのは8時間半とベストタイムの倍以上の時間がかかってしまった。
2020080413282100_20200804144301

私の年で高尾~陣馬のトレランをやっている人はまずいないだろうが、来年以降に延期となったパミール登山のためにやらざるをえないと思っている(本当はこんなシンドイことはやりたくないんだけど)

高尾山は休日は人出が多いので、感染をさけるために平日に行ってみたのだが、いつも休日に行ってるので、かけ下って駅に着くと売店でビールを買って飲むのが楽しみだったのだが、平日は休みでビールを飲み損ねてしまった。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

ブログ開始前の山行記録アップ

当ブログは2009年6月から開始したのだが、それ以前の山行記録もアップしておいた。
ブログ右端の一番下のHPリンクの中の一番下にある「ブログ開始前の山行記録」をクリックしてもらうか、以下のサイトを直接
呼び出してもらってもよい。

http://vibram.world.coocan.jp/kako.htm

なお、2004年前半までは以前契約していたプロバイダーのサイトにあったデータを自分のPCに保管してあったのだが、それもリンクを張りなおしてニフティのサイトに登録しておいたので、上のリンクから見れるようになっている。

2014年後半から約5年間の記録は今回新たに書いたのだが、改めてその当時の記憶が蘇り、コロナ渦で遠出がしにくい中での絶好の疑似山行ができたようで楽しかった。これでネット上で自分の過去の山行のほとんどを見ることができるようになったので、もっと年をとって山に行けなくなっても退屈することはないだろう。

また、ブログ右端の一番下のHPリンクの中にある「海外山行の履歴」についても最新のものに更新しておきましたので、よろしかったらご覧ください。

| | コメント (2)

2020年6月22日 (月)

東海自然歩道 静岡編 三日目

今日は雨模様ということで、雨の中のテント撤収を避けるために早起きして、雨が降りだす前に撤収してしまう。明るくなるまでベンチに座ってラジオを聞きながら待つ。薄明かるくなって下降を始めるが、間もなく雨が降りだす。すると急に気持ちが萎えてきて、牛妻坂下から静岡駅にエスケープしてしまうことになった。足も痛むし疲労していたこともあったが、よりによってこんな天気の日に山越えしなくてもという気持ちからであった。そのため牛妻坂下から興津川への山越えは秋以降に持ち越すこととなってしまった。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧